GoogleがOpenID提供開始

この記事がおもしろかったらシェアしてね

GoogleがOpenIDプロバイダーとなった。どういう事かというと、今後は、様々なサービス(各種企業製サービスや個人作成サービスなど)を、全てGoogleアカウント一つで利用できるようになっていくのだ。「OpenID」自体の使い方と併せて紹介しよう。

OpenIDとは、OpenIDプロバイダーとなるサービスのアカウント一つで、OpenIDログインに対応しているネット上の各種サービスを利用するための技術。つまり、各サービスへの登録を行う際、いちいちアカウントを新規作成したり、(セキュリティ上の理由で)別々のパスワードを設定したりする必要がなくなる。1アカウント名/1パスワードで、ネット中のサービスを手軽に、かつ安全に利用することができるのだ。

便利な技術ではあるのだが、結局、OpenIDを使い始めるには、OpenIDプロバイダーのアカウントを作る必要がある。「ネットユーザーなら誰でもアカウントを持っている」というようなサービスがプロバイダーとならなければ、いまいちマイナー感を拭いきることができない訳だ(そして鶏と卵理論にはなるが、OpenIDが普及しなければ「OpenIDログインに対応するサイト」というのもイマイチ増えない)。

ただ、これも昨日までの話。GoogleCodeBlogの記事のアナウンス通り、既にほとんどのネットユーザーがアカウントを持っているであろうGoogleが、OpenIDプロバイダーとなったのだ。
GoogleがOpenID提供開始/Google垢でネット上各サービス利用可 :教えて君.net

まだまだGoogleの動きが活発ですね。今度はOpenIDのプロバイダになっちゃいました。OpenIDの説明は他サイトにでもお任せするとして(他力本願な!)、Googleにはいろんな不満や不評があることも事実ですが、利用者に便利になる素晴らしいサービスを提供してくれているのも事実。

この数年で私もGoogleのサービスにどっぷりつかってしまっています。もう抜け出せない状態……。どんな情報を抜かれているか、心配ではありますがそれ以上に恩恵を受けている、と感じている方も多いのでは。

次はどんな新しいサービスをはじめてくれるのでしょうか。楽しみです。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin