【レビュー】Inateckのスタンド付き4ポートUSB充電器 UC4003 を使ってみた

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC04993.JPG

どんどん増え続けるIT情報機器たち。充電環境をいかに整備するかがとても大切になってきます。今回はスタンド付きUSB充電ステーション「Inateck 36W 4ポート USB急速充電器(スタンド機能付き)」(1,799円)を使ってみました。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC04967.JPG

Inateckの充電器。4-Port USB Chager Stationと書かれています。

DSC04971.JPG

同梱物が側面に書かれています。本体とACアダプタとマニュアル。

DSC04973.JPG

裏面に仕様が書かれています。Inateck UC4003。95mm x 95mm x 18mm。

DSC04975.JPG

パッケージを開けましょう。Inateckのロゴが出てきました。

DSC04977.JPG

背面に公式サイトのURLが。

DSC04979.JPG

パカッと開けると本体がお出まし。

DSC04981.JPG

同梱物は本体とアタッチメント、マニュアル、ACアダプタで。

DSC04983.JPG

本体を詳しく見ていきましょう。18mmと薄型です。

DSC04984.JPG

前面に3ポートあります。

DSC04986.JPG

背面にUSBポートがひとつ、DC入力端子があります。通電するとランプが点灯します。

DSC04987.JPG

底に仕様が書かれています。Input 12V-3Aとなっています。

DSC04989.JPG

ACアダプターです。

DSC04991.JPG

マニュアルは日本語化されています。

DSC04992.JPG

やっぱり日本語だと分かりやすいですね。

DSC04993.JPG

本体にアタッチメントを取り付けるとこんな感じ。

DSC04995.JPG

手前から見たところ。

DSC04996.JPG

真横から見たところ。スマホやタブレットを立てられます。

実際に使ってみた

DSC04999.JPG

iPad miniを立ててみるとかなりキツキツ。角度も80度以上ありほぼ直角。

DSC05000.JPG

上から見るとこんな感じ。

DSC04998.JPG

iPad miniは1.37Aとじゅうぶんの電流が流れています。

DSC05001.JPG

iPhone 6sは0.9A。ちょっと物足りない結果に。

DSC05002.JPG

honor6 Plusだと1.68Aと急速充電に対応しています。

Inateckスタンド付き4ポート充電器のここがGood!

  • スタンド付きなのでタブレットなどを立てられる
  • 急速充電に対応、機器により自動で電流が変化
  • 4ポートあるため同時に充電できる

スタンドタイプの充電器が欲しい方にはぴったりの商品。最近は標準的な機能となりましたが、機器ごとに自動的に最適な電流を調整してくれます。4ポートあるので機器が増えても安心です。

Inateckスタンド付き4ポート充電器のここがうーん

  • 1台しか立てかけられない
  • 4ポートあるが合計3Aしかない
  • USBポートが前面にあるためコードが前に出てオシャレじゃない

スタンドに機器を立てて充電できるのは便利なのですが、1台だけなのが残念。2台立てかけられるとさらに便利だと思いました。また、4ポートありますが3Aしかなく急速充電は期待できないと思います。3つのUSBポートが前面にあるためコードを刺して利用すると野暮ったく見えるので注意が必要です。

さいごに

複数の機器を充電できるので便利かな?と思ったのですが2台程度で使うものと割り切った方が良さそうです。1台を立てかけて充電しもう1台を手前のUSBより刺して充電するといった感じ。スタイリッシュに使うならこんな感じがよさそうです。

スタンド付きの充電器はあまりないので貴重なジャンルの商品だと思います。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin