【レビュー】隙間に入る極細な米びつを買ってみた→隙間家具として米びつはもってこいだ!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC03313.JPG

米びつなんて何でも同じと思っていましたが、意外と場所を取るし、スタイリッシュなものがなかなかなく、いろいろと探していたのですが、ようやく理想の米びつを見つけました!!

マッキンリー スリムライスボックス12kg マイルドホワイト RN358WM 」(4,227円)です。

1枚目の写真がすべてを物語っているのですが、いわゆる隙間家具で横幅が10cmと超極細。キッチンのいわゆる「隙間」にフィットするスタイリッシュな米びつを今回はご紹介します。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC03306.JPG

サイズは幅10cm×硬さ67.1cm×奥行き40.6cm。キャスター付き。無洗米は多めに出てしまうらしく量を調整するアダプターが付属しています。

DSC03308.JPG

パッケージ裏に説明が書かされています。

DSC03309.JPG

開封〜。同梱物は本体と取り付けるキャスター、取っての部品のみ。

DSC03310.JPG

ビニールを取り除きました。側面は真っ白をイメージしていましたが、銀色のビスが4つ見えています。これはマイナスポイント。白のビスを使って欲しかったな。

DSC03311.JPG

米びつとしての機能は至ってシンプル。1回レバーを押すと1合、下のカップに出ます。

DSC03312.JPG

食器棚の横のデッドスペースに起きたいと思います。

DSC03313.JPG

置いて見るとこんな感じ。長年、デッドスペースでしたがようやく有効活用できました!! もっと早く買えばよかったな。

マッキンリー RN358WMのここがGood!

  • 10cmと極細
  • スタイリッシュなデザイン

この2点に限ります。米びつとしての機能は至って普通。

マッキンリー RN358WMのここがうーん

  • 価格が高い
  • 側面に銀色のビスが4個ある

米びつで4,000円超えは正直高いと思いますが、隙間家具を買った、と割り切ると納得できるかな。また、側面ですが、せっかくのホワイトがシルバーのビス4つで台無しになっています。後で自分で白色に塗ろうと思います。

さいごに

ブログでわざわざ紹介したくなるほどの「米びつ」を今回はご紹介しました。ちょっと値が張りますがスタイリッシュでオススメですよ〜。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin