【レビュー】玄米も古米もお任せ!お米を美味しくいただける秘密兵器「匠味米(R23)」を買ってみた!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC03297.JPG

どうせ食べるなら、美味しいお米を食べたい!と思い知り合いでお米を作られている方から、玄米を譲ってもらうことにしました。玄米を自宅で精米することで、美味しいお米をいつでも食べられます!

今回は家庭用精米機「山本電気 MICHIBA KITCHEN PRODUCT RICE CLEANER 匠味米 Premium White MB-RC23W」(11,900円)を購入したのでレビューします。

RC23はAmazonで一番人気の精米機ですよ〜!! 

スポンサーリンク

開封の儀

DSC03277.JPG

思いの外大きな箱で届きましたよ〜。

DSC03278.JPG

開けると説明書が登場。最近の説明書は分かりやすいものが多いですね。RC23のマニュアルもとても分かりやすいです。

DSC03279.JPG

本体が出てきました。

DSC03284.JPG

透明のフタだけのシンプルな構造なのが好感を持てます。

DSC03286.JPG

操作パネルもシンプル。上位機種になると液晶画面があったりしますが、フタが重たくなったり取り外しが面倒だったりするので、RC23くらいシンプルな方かいいと思います。

DSC03285.JPG

フタを開けると、、、計量カップが入っているので取りましょう。

DSC03291.JPG

計量カップは1合の計量カップになっています。玄米の場合、削れる分を見込んで多めに軽量ができます。

DSC03289.JPG

カゴとかき混ぜのアームがあります。

DSC03292.JPG

アームは上に引き抜けます。

DSC03293.JPG

カゴも簡単に引き抜けます。

DSC03294.JPG

この白い部分が米ぬかタンク。ここに溜まるワケですね。

DSC03295.JPG

このタンクも当然、取り外しができるので掃除も楽ちんです。

DSC03296.JPG

玄米ではなく新米ですが2合、「フレッシュ」をしてみました。

DSC03297.JPG

量と削り方を指定するだけでOK。時間になると自動でストップします。

DSC03298.JPG

上が精米後(白米のフレッシュ処理後)、下が元の白米です。どうでしょうか?ちょっとだけ白くなったかな?

DSC03300.JPG

白米からのフレッシュですが粉がこれほど溜まりました。

DSC03303.JPG

掃除も楽ちんです!

炊いたお米は元の白米と比較して劇的に美味しくなった!という感じではありませんでした。古米の時はその効果は実感できるのかもしれませんね。

次は玄米で実践してみたいと思います〜。楽しみ!

MB-RC23のここがGood!

  • ご家庭で精米ができる
  • 古米が一皮むけたおいしさによみがえる
  • 無洗米が作れる
  • シンプルで安価
  • 掃除しやすい
  • 精米時間が短い

Amazonで一番人気の精米機なのがうなずける満足のいく製品です。シンプルな構造なので安価に抑えることができ、掃除も楽です。

玄米を白米に精米する時間ですが、Z社の精米機は5合約6分もかかりますが、RC23はわずか、5合2分45秒と高速なのもGoodな点です。毎日使うものなので、この差は大きいと思います。

MB-RC23のここがうーん

  • 音がちょっとうるさい
  • 耐久性がちょっと心配

RC23に限ったことではありませんが、回転させて精米するので結構な音がします。毎日使うものなので耐久性がちょっと心配です。この点は追々レポートしたいと思います。

さいごに

家庭用精米機の存在は知っていましたがまさか我が家で購入することになるとは……。1カ月10kg以上食べるようになった我が家。玄米でまとめて購入することで安く買えるし精米してすぐのお米を食べられて美味しいし、いいことずくめですね!!

気になる方はぜひチェックしてくださいね!

スポンサーリンク
【レビュー】玄米も古米もお任せ!お米を美味しくいただける秘密兵器「匠味米(R23)」を買ってみた!
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin