【レビュー】邪魔にならずズレにくいカナル型Bluetoothイヤホン「Q9A」を使ってみた→スポーツ利用にピッタリ

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC02576.JPG

最近、ランニングをサボりがちの私。再開するにあたりモチベーションをアップさせるため新しいイヤホンを用意しました。「soundPEATS(サウンドピーツ) Bluetooth ワイヤレスイヤホン ヘッドホン Q9A」(3,999円)です。

ここ数年でBluetoothイヤホンはさらにコンパクトに高性能に、そして安価に、お手頃な価格帯になりました。技術の進歩はすごいものですねぇ。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC02577.JPG

こちらがパッケージ。Android、iOS、WindowsとBluetoothに対応した機器に使えます。

DSC02578.JPG

SoundPEATS製、製品名はQ9A Wireless Earbuds。

DSC02579.JPG

側面には付属品の内容が書かれています。充実した内容です。

DSC02581.JPG

背面にはイヤホン本体のボタン類の説明と機能、仕様が化金手います。1-2時間充電で4-5時間利用可能とのこと。Amazonでの説明とは若干違っていますね。(Amazonは2時間充電、6時間利用可能と記載)

DSC02584.JPG

各ウェブサイトへリンクが埋め込まれたQRコード。最近、この形で掲載するのがはやっているのかな?

DSC02589.JPG

それでは開けましょう。保管用バッグが出てきました。

DSC02594.JPG

充電用microUSBケーブル、ジッパーバッグ、ポーチ、取扱説明書が出てきました。

DSC02599.JPG

ジッパーバッグの中にイヤホン本体と関連部品類が入っています。

DSC02600.JPG

イヤホンパッドはSサイズ、Mサイズ、Lサイズから選択できます。その他、固定用の部品も入っています。

DSC02595.JPG

マニュアルは残念ながら英語のみ。簡単なのでだいたい理解できます。

DSC02596.JPG

裏面はこんな感じ。

DSC02607.JPG

イヤホンを詳しく見てみましょう。カナル型で耳に引っかけるフックがありズレにくい構造になっています。

DSC02602.JPG

右側のイヤホンにスイッチ類がすべて集中されています。

DSC02603.JPG

底面に充電用端子、マイクなどがあります。

DSC02605.JPG

上側に電源、ペアリングボタン、巻き戻し、早送りボタンがあります。

DSC02609.JPG

一方、左側のイヤホンにはスイッチ類は一切ありません。主従で言えば、従側ですね。

DSC02610.JPG

シンプルです。

DSC02611.JPG

イヤホンのスポンジは3種類あるので好みの大きさに調整可能です。

DSC02612.JPG

耳に引っかけるフックは堅すぎず柔らかすぎず、ちょうどいい強さ加減になっています。

DSC02614.JPG

全体でみるとこんな感じ。イヤホンの間はケーブルのみで邪魔になるものはなにもありません。

DSC02615.JPG

装着方法はマニュアルに書かれているとおり、少し引っかけて後ろへ回すように取り付ければOK。2、3度練習するとすぐに付けられるようになりました。

SoundPEATS Q9Aを使ってみた

実際に使ってみました。気になる音質は室内の静かな環境で聞くと音に若干のこもりがあるように感じました。高音、低音でいうと若干低音が強め。特に癖のある音質ではありません。カナル型なので仕方ないのですがこもりが若干気になるところ。

外出先では音の聞き取りやすさがあり嫌み無く聞きやすい音が出ています。家の中で静かに音楽を聞くよりも外出してスポーツをしながら聞く利用シーンに向いていると思います。

イヤホン本体のペアリングやフックの外れにくさなどまったく問題無い作りです。ランニングに利用してみましたが外れることはありませんでした。メガネをしてみましたが干渉する部分もありますがちゃんと使えました。

SoundPEATS Q9AのここがGood!

  • カナル型で耳に引っかけられるフック付き
  • Bluetoothイヤホンで邪魔なコントローラ部分がない
  • 運動をしても外れにくい

Bluetoothイヤホンとしてできる限りの小型化を実現していて機能的に満足しているため、大きな不満はありません。運動での利用に特化してチョイスすれば満足度は高いと思います。

SoundPEATS Q9Aのここがうーん

  • 充電が面倒
  • 音質が突き抜ける感じが好み

Bluetoothイヤホンの宿命といえる充電問題。1回の充電で4〜6時間利用できるというものの、バッテリーを気にする必要があるアイテムがまたひとつ増えてしまったのはうーんです。もちろん仕方ないのですが。

あくまで個人的な好みですが、音質はもう少し高音が突き抜ける感じが好みかな?

さいごに

数年前に購入したBluetoothイヤホンはもっと大きくて電池の持ちも悪かったのをよく覚えています。通勤ではSONY MDR-NWBT20Nを愛用中。ランニングではフックが外れて危なかったので、Q9Aはその心配が無くなり安全になりました。

iPhoneでも使える6,000円台のノイズキャンセリング&BluetoothイヤホンSONY MDR-NWBT20Nが最高!
前から気になっていた「SONY ワイヤレスノイズキャンセリングレシーバー MDR-NWBT20N」ですが、ついに購入をしちゃいました。結論...

さぁ、このQ9Aを使ってさぼりがちなランニングをもう一度軌道に乗せたいと思います!! 気になる方はぜひチェックしてくださいね!

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
【レビュー】邪魔にならずズレにくいカナル型Bluetoothイヤホン「Q9A」を使ってみた→スポーツ利用にピッタリ
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin