冷蔵庫がPanasonicになっていた

スポンサーリンク
2008年10月1日に社名を「松下電機産業」から「パナソニック」に変更したことにより、これまで「National(ナショナル)」ブランドで展開してきた白物家電が一斉にPanasonicに変更になりました。

ニュースなどでその情報を知っていたのですが、電気屋さんでなかなか白物家電を見ることがありませんでしたが、今日初めてPanasonicの冷蔵庫を見ました。

冷蔵庫の扉の右上に輝く「Panasonic」の文字。何だか超違和感があります。当然私が子供の頃から「National」が定着していたのですが、それが無くなったのは少し寂しい気持ちもします。しかし世界展開する上で避けて通れない道ですね。

しかしよく見ると、冷蔵庫の「Panasonic」のロゴってシールなんですね。彫り込みのロゴは残念ながら見かけませんでした。金型を分ける必要があるのでコスト的に元々彫り込みのロゴにしていなかったのかもしれませんね。

ちなみに電球などの消耗品はまだ「National」の電球が普通に販売されていました。これは売れ切れてから順次切り替わるのかな?

そう言う意味では9月末にあわててNationalブランドを買う必要はひとつも無かった訳ですね。(別に私も買っていませんけど)

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ