【レビュー】ついに買ったよ!honor6 Plus!!半額セール!しかもAndroid4.4から5.1.1アプデが来るよ!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

Untitled

ここ数日のIT系のブログ記事の多くは、9月25日に発売となったiPhone 6s / 6s Plusの話題で持ちきりですが、これまでiPhone 3GSから毎回購入している私ですか、今回はまだ購入していません。

今回のiPhoneはカメラ性能向上や3D Touch、CPU強化、メモリ2GB化と正統進化をしていますが、正直なところ、「iOSに飽きた」というのが本音かなと思っています。最近はiPhone 6とAndroidの2台持ちをしていて8対2の比率でAndroidを触っている時間が長かったりします。

というワケで、iPhone 6sはSoftBank回線の2年縛りが解ける11月にMNPでゲットするか考えたいと思います。

……いきなりまったく関係のない話しですみません。

iPhone 6sが発売されたけれど、ひとぅさんはどうしたんだろう?と心配されている方もおられるかと思い、まずはご説明刺せていただきました。(え?そんな人いないって??)

ようやく本題ですが、世の中がiPhone 6sでお祭り騒ぎの中、突然、【楽天モバイル】「台数限定 対象端末半額セール」が始まりました。前々から気になっていた「honor6 Plus(オナー6プラス)」をゲットしちゃいました!!

結論から先に言うと、「大満足」です。ではいったい何が大満足なのか順番にご説明しましょう!!

スポンサーリンク

honor6 Plusが半額で買える! ※ただし音声SIM契約縛りあり!

Untitled

10月5日23時59分までの台数が限定で45,800円(税抜)のhonor6 Plusが半額の22,900円(税抜)となるキャンペーンを実施中です。9月29日午前5時現在、3色とも在庫ありのようです。先日の楽天スーパーセールでは飛ぶように完売したhonor6 Plusですが今回はまだまだ残っていますよ〜。

ただし注意点としては音声SIMの契約が必須となっています。音声SIMはMNP防止のため、12カ月の縛りがあります。最低プランの「音声SIM ベーシック」が1,250円でこれがランニング費用としてかかります。また、イニシャル費用として事務手数料3,000円が必要です。

つまり、機器本体代金は22,900円ですが楽天モバイルのSIMを利用することで、最低プランで(1,250円+2円)×12カ月+3,000円=18,024円(税抜)が必要となります。

つまり最低で合計40,924円(税抜)、44,197円(税込)が必要となります。すでにSIMを持っている方で端末だけ欲しい方は注意が必要です。

一方で新しく回線を契約したい方、MNPで回線を移したい方には超お得なセールと言えるでしょう。

ちなみに、どうしても端末だけが欲しいという場合は違約金9,800円を支払って解約する手も。即解約した場合の合計金額は、22,900円+3,000円+1,250円+2円+9,800円=36,952円(税別)、39,908円(税込)と約4,000円を節約できますが、次回以降楽天モバイルの審査に通りにくくなる可能性があるのでその点は注意が必要かもしれません。

※1カ月目は無料のようですが解約時は適用されない場合もあるため「高い方で試算」しました。

楽天モバイルの音声SIMって注文後どのくらいで届くのか?

まず気になるのが購入後、どの程度で商品が届くのか?という点でだと思います。音声SIMはデータ専用SIMと違い、本人確認書類をウェブで送信する必要があり、審査後に不備がなければ、音声SIMと端末と一緒に送付されます。つまり、本人確認書類の送付が遅れた場合は商品の到着も遅れます。

ちなみに私の場合の進み具合は次のような感じでした。

  • 9月25日12時10分 【ひとぅ】ウェブ画面にて申し込み完了
  • 9月25日12時15分 「お申込完了のお知らせ」メール受信
  • 9月25日12時34分 「本人確認書類ご提出のお願い」メール受信
  • 9月25日12時55分 【ひとぅ】本人確認書類をウェブ画面にて提出(免許証を両面写真撮影)
  • 9月25日13時35分 「お申し込み状況ご確認ページ」メール受信(ウェブで進捗確認できるようになります。)
  • 9月25日14時15分 「本人確認書類お手続き完了のご連絡い」メール受信
  • 9月27日 09時30分 「商品発送手配完了のご連絡」メール受信
  • 9月27日 12時00分 ヤマト運輸にて商品配達いただき到着

申し込み後、休日を挟みましたが丸2日でした。予想よりも早かったです。本人確認書類の提出が平日の業務時間内にできたのがよかったのかもしれません。

ちなみに、「お申し込み状況ご確認ページ」は、ずーーーっと出荷準備中で止まっていて、26日9時30分過ぎにステータスが変わりました。出荷自体は26日中にしているんだからそのタイミングで変わってくれたら安心できるのにな、と思いました。

honor6 Plus 開封の儀

DSC01993.JPG

何と、10月29日9時59分までに購入手続きをすると、「純正レザースマートカバー」が無料でプレゼントされます。これはうれしいですね!!

「純正レザースマートカバー」、「honor6 Plus」、「楽天モバイル SIM」が納品されました。順番に見ていきましょう。

DSC02004.JPG

これが楽天モバイルのSIMです。中には音声SIMが入っていました。honor6 PlusてはSIMカードの初期設定は不要ですが、他のAndroid端末で使う場合などで利用するAPN設定の説明もありました。(楽天モバイルのSIMは利用しない予定なので今回、説明は割愛させていただきます。)

DSC02007.JPG

「純正レザースマートカバー」は後ほどご紹介しますね。

DSC01996.JPG

そしてこれがhonor6 Plusの箱です。詳しく見ていきましょう。

DSC02015.JPG

上ぶたを取ると……。本体がお出ましです。その他も同じような感じで入ってましたので割愛刺せていただきます。(笑)

詳しく見たい方は、Flickrで公開していますのでそちらをご覧ください。

DSC02022.JPG

同梱物は、honor6 Plus本体、保証書、クイックスタートガイド、5V2AのACアダプタとUSBケーブル、保護シート(表)、(裏)。以上です。

保護シートが両面、ちゃんと付属しているのが気が利いてますね〜。これはありがたいっす。

DSC02024.JPG

honor6 Plus本体正面より。ベゼルが狭くて画面が大きく感じます。

DSC02025.JPG

左側面にはボタン類は一切ありません。アルミ素材で高級感があります。

DSC02026.JPG

底にマイクと充電用microUSB端子があります。素材はプラスチック。

DSC02027.JPG

上側にイヤホンジャックなど端子類、センサー類が集まっています。

DSC02032.JPG

右側面に音量ボタン、電源ボタン、SIMスロット、microSDスロットがあります。

DSC02031.JPG

背面左下にモノラルスピーカーがあります。音質が意外といいです。Zenfone 2より上と感じました。

DSC02029.JPG

カメラは某スマホと違い出っ張りはありません。

DSC02030.JPG

これが噂のダブルレンズカメラです。このような特徴的なデザイン、仕様はとんがっていて好きです!!

DSC02036.JPG

Zenfone 2と大きさを比べてみました。一回りとまでは言えませんが若干コンパクトです。

DSC02038.JPG

厚さはZenfone 2よりかなり薄いです。ただZenfone 2は握りやすさなどから膨らませている理由もあるので一概に薄ければいいとは言えないのかも。

以上、開封の儀でした。

honor6 Plusを起動、いろいろやってみた

DSC02040.JPG

日本国内のhonor6 Plusは楽天モバイルの独占販売となっていますが、SIMフリー機なので、まさかこんなことがあるとは驚きです。すでにネットで話題になっていた起動時の「楽天モバイル」のロゴ表示問題。やっぱりというか、しっかり、表示されました!!

いや、これでテンションが50%ダウンしちゃいました。(自分調べ)

DSC02042.JPG

楽天モバイルのロゴの後にhonor6 Plusのロゴが表示されます。通常は HUAWEIのロゴが表示される部分に楽天モバイルのロゴをぶち込んできた感じですね。

docomoなども普通にやっていることなので、驚くことではないのですが、3大キャリア以外のMVNO業者のロゴだったから違和感というか驚きを感じたのかな?

いや、きっと「楽天」だからなんだろうな〜。。。

DSC02044.JPG

その後は普通のAndroidのセットアップ画面が表示されるので画面の指示通り設定していきます。

DSC02045.JPG

初期設定完了!!……そうデフォルトで18個ほど楽天の関連アプリがプレインストールされています。これも事前にプレインストールされていることは知っていましたが、まさかこんなに大量にインストールされているとは……。もはやここまでくるとギャグですね。

幸い、楽天関連のアプリはアンインストールできるので、片っ端から削除しました!少しはゴミが残ってしまっていると思いますがそこは我慢します。

初期状態の画面キャプチャ

Screenshot_2015-09-27-12-39-31

初期状態の画面キャプチャです。HUAWEIは見た目がiOSに近い、EMUI 3.0というUIを採用しています。ここでけで4つの楽天アプリがあります。

Screenshot_2015-09-27-12-39-17

他の画面も見ておきましょう。ここは14個も楽天アプリがあります。。。

Screenshot_2015-09-27-12-39-42

最後の画面。幸いここにはありませんでした。よかった。(;´Д`)

ちなみにNova LauncherとAnTuTu Benchmarkは私がインストールしました。(ですので完全デフォルト状態ではないです。)

AnTuTu Benchmarkを走らせてみた

Screenshot_2015-09-27-12-44-44

AnTuTu Benchmarkを走らせてみた結果は「43,688」。

私のグローバル版のZenfone 2の結果は41,687だったのでそれを上回る結果となりました。(注:真ん中のモデルで、プロセッサ: 1.8 GHz / クワッドコア / Intel Atom Z3560 / GPU: PowerVR G6430。RAM 4GB。)

honor6 PlusはHisilicon Kirin 925 オクタコア A15/1.8GHz + A7/1.3GHz、RAM:3GB。プロセッサの種類は違うため単純比較はできませんが、参考までに。

今年初めてスマートフォンを購入しましたよ〜。最近はもうSIMロックフリー機しか買いたくなくなっている私。すっかりMVNO回線にお世話にな...

実際にいくつかのアプリを同時に起動して操作してみた感じは、全体的なサクサク感やスクロール感はZenfone 2の方が若干上のように感じました。

3D画像処理はZenfone 2は弱いと感じましたがこの点はhonor6 Plusの方が若干勝っていると思います。ざっくりと触ってみた感じはこんな印象でした。

カメラ性能は?

IMG_20150927_161553

honor6 Plusにもっとも期待して購入したのがコレ。カメラ機能です。ダブルレンズ搭載で800万画素だけれども超きれいに撮れる。と評判もいいカメラ。サンプルがこの1枚だけで恐縮なのですが、実際には何枚も撮影してiPhoneとも比較しました。

カメラの性能については他のブログでも多く取り上げられているので機会があれば特集記事を書きたいと思いますが今回は割愛します。

これまでiPhone 3GSからiPhone 6まで使ってきた私。(iPhone 6sは未経験!)これまでのAndroidスマホのカメラは、きれいに撮れる。。。けど。というものが多かったです。仕上がりが納得のいくものが少ないのです。

画素数が800万画素と低くても仕上がりがきれいなiPhone。画素数は高いけれど仕上がりがイマイチなAndroidの各スマホ。といった感じでした。しかし、honor6 PlusではiPhoneで撮影した結果に近いと思いました。

保護シートを貼ってみた

保護シートが同梱されていますが表面は「Huawei honor6 Plus ガラスフィルム 国産ガラス採用 強化ガラス製 液晶保護フィルム 厚さ0.33mm 2.5D 硬度9H ラウンドエッジ加工 on-device」(1,426円)を利用しました。やっぱり表面はガラスがいいですもんね。

DSC02046.JPG

これは同梱品ではなく別で購入したものなのでご注意ください。

DSC02055.JPG

同梱品はこんな感じ。ガラス保護シート、クリーニングクロス、アルコールシート、ゴミ除去シート。今回は新品の状態なのでアルコールシートなどは使わなくてOKです。

DSC02057.JPG

はじめから付いている保護シールを外してガラス保護シートを貼りましょう。

DSC02058.JPG

きれいに貼れましたよ〜。

DSC02059.JPG

角はアールがかかっているので肌触りもいい感じです。その他、特に問題なさそうです。最近のガラス保護シートは質がいいですね。AGC旭硝子社製の国産特殊ガラスを使用ということです。

DSC02060.JPG

今回は背面にもフィルムを貼りたいと思います。

DSC02062.JPG

背面は同梱されていた保護シールを貼ります。

DSC02061.JPG

最近はガラス保護シートばかり貼っていたので久しぶりに保護シールを貼ったのですが位置合わせに難儀しました。(^^;)

DSC02063.JPG

これで表面の保護は完了!!いい感じです。

「純正レザースマートカバー」を使ってみた

DSC02068.JPG

無料で付いてきた「純正レザースマートカバー」を見てみましょう。

DSC02070.JPG

無料なので期待していなかったのですがしっかりした作りです。

DSC02071.JPG

裏面はこんな感じ。カメラ周りは黒色で影の映り込みを軽減させています。スピーカーの部分の穴もあります。

DSC02072.JPG

honor6 Plus本体を付けてみました。当然ピッタリとフィットします。

DSC02073.JPG

「純正レザースマートカバー」を閉じると画面に時計が表示されます。カバーを開くとスリープ解除、閉めるとスリープとなります。

DSC02074.JPG

何と、スタンドにもなります。「純正レザースマートカバー」、いい感じ。裸族の私ですが、今回はこのまま使ってみようと思います。

Android 5.1.1がやってくる!

honor6 PlusはAndroid 4.4なのですが、ソフトウェアアップデートを9月30日より開始されます!! HUAWEIより正式に発表されています。今回のアップデートでAndroid 5.1.1になりますよ!! HUAWEIはOSのアップデートはあまりアップデートをしない印象ですが、これはうれしいですね〜。

Android 4.4だからなぁ〜と思っていた方には朗報ですね。

HUAWEIからの最新ニュースと最新の製品情報をご覧ください。

honor6 PlusのここがGood!

  • 10月5日23時59分まで半額セール中で激安
  • カメラ性能が高い
  • ハイエンド機まではいかないけど高性能
  • 9月30日以降にAndroid 5.1.1が配信予定
  • 保護シート、スマートカバー(10月29日午前9時59分まで)が付属

在庫処分品なのかな?と思えるほどの大盤振る舞いのセールです。楽天モバイルの回線を利用しようとしていた人には最高のキャンペーンだと思います。

Android 4.4なのが不安でしたが、9月30日以降にAndroid 5.1.1へ、アップデートが予定されています。これでまだまだ戦えますぞ!!

その他、付属品も充実しているし、価格も安い。特にカメラ機能が秀逸!!まさに買いの商品だと思います。

honor6 Plusのここがうーん

  • 楽天モバイルの音声SIM契約が必須
  • 起動時に楽天モバイルのロゴが表示される
  • 楽天関連アプリがプリインストールされている
  • 名前がちょっと恥ずかしい

楽天モバイル関連でのうーんが連なっていますが、この恩恵を受けて半額価格が実現しているのだとも思うので、私は我慢して付き合おうと思っています。

最大のうーんな点は友達に説明するときにちょっも恥ずかしいという点でしょうか?

「オナーシックスぷらす」って。。。何かのパクリにも聞こえるしなんだか響きも小っ恥ずかしい。。。個人差はあると思いますが、なかなか強いハートが必要になるかもしれません。ご注意くださいね!!

さいごに

記事がべらぼうに長くなってしまいましたが、みなさん、最後までついてこれてますか!!? このタイミングでまさかのhonor6 Plusのご紹介でしたがいかがでしたか?

約1年ほど前に購入した、Ascend p7とよく似ているので違和感なく使い始めました。デザインはiPhone 4、5によく似ています。6のあの丸みが馴染めない人にもお勧めできるかも。

先日、母がガラケー卒業のために買った、SIMフリー端末「covia FLEAZ F5」は、Android 4.4でした。(関連記事) ...

前々からカメラ性能が高いので気になっていた機種ですが、ようやくゲットすることができました。数日使ってみて大きな不満はなく快適です。Androidのバージョンだけが、不満というより今後の不安でしたが、正式に5.1.1へアップデートされるとアナウンスがあるのは嬉しい限り。楽しみに待ちたいと思います。

初の【楽天モバイル】でしたが、安く買えて大満足です!! 気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!!

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin