【レビュー】OmakerのQuick Charge 2.0対応の急速充電器を使ってみた!本当に超爆速だった&2ポートあるので便利!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

DSC01950.JPG

最近はスマートフォンの画面の大型化に伴いバッテリー容量も大型化しています。当然、充電時間もながくかかるようになります。以前は5V/1.0Aでしたが、iPhone 6などは、5V/1.5A、iPadは5V/2Aと電流が増えてきています。

iOS系端末は比較的充電時間が速いのですが、Android端末は遅いという不満がありました。9Vまで電圧を上げて急速充電が可能となる、Quick Charge 2.0なるものが登場し、劇的に充電時間の短縮となりました。

Quick Charge 2.0対応のAndroid端末も増えてきました。Zenfone 2も対応していますが、同梱していた標準ACアダプタを外出時に持ち歩くのは不便。

そこで今回は、Quick Charge 2.0にも対応し、通常の5Vのポートも搭載する、「Omaker Quick Charge 2.0対応 USB急速充電器」(2,199円)を使ってみましたよ〜。

スポンサーリンク

開封の儀

DSC01952.JPG

こちらがパッケージ。シンプルイズビューティフル。

DSC01955.JPG

裏面にQuick Charge 2.0の解説が記載されています。3300mAhの場合、30分で通常は10%が充電できるところ、Quick Charge 1.0なら30%、Quick Charge 2.0なら60%も充電できるとのことです。これは速いですね。

DSC01958.JPG

パッケージを開けましょう。OMAKERのロゴが。

DSC01960.JPG

箱を開けるとマニュアルとアンケート依頼用紙が入っていました。Omakerさんはユーザーの声を積極的に聞こうとされている姿勢がよく分かります。好感が持てるのと同時に安心感が生まれます。

DSC01961.JPG

その下に充電器本体が出てきました。

DSC01962.JPG

さらにその下にUSBケーブルも同梱されています。急速充電に対応したUSBケーブルでなければ効果が発揮できないので同梱されているのはありがたいですね。

DSC01963.JPG

その下には、、、ああ、例のメッセージはありませんでした。あ、書いてあるのはAn○erさんでしたね。(^^;)

DSC01966.JPG

同梱物は、急速充電器本体、急速充電対応USBケーブル、マニュアル、ご意見・ご感想お願いカード、以上です。

マニュアルのタイトルをよく見ると、「USB爆速充電器(2USBポートあり)」と書かれているではありませんか!! マニュアルに自分で「爆速」って書いてある製品を初めてみました。(^^;) この自信、好きです!!

DSC01967.JPG

仕様、特徴はマニュアルの通りです。68.3mm x 50.3mm x 28.1mm、83gとコンパクトで難なく持ち運べそう。USBポートはQuick Chargeポートと通常のAポートの2つとなります。LEDインジケーターが緑に点灯すると「爆速充電中」なんだそうです。ここでも出ました、「爆速」!!

DSC01968.JPG

Quick Charge 2.0の説明と対応する機種情報(一部)が掲載されています。あなたのAndroid端末は対応していますか?

DSC01970.JPG

こちらがご意見・ご感想お願いカードです。ふむふむ。

DSC01972.JPG

では本体を見ていきましょう。正面にOMAKERとQuick Charge 2.0のロゴが書かれています。

DSC01975.JPG

USBポートは2つ。Quick ChargeとAポート(5V/2.4A)、充電モードを示すLEDインジケーターがあります。

DSC01976.JPG

仕様が書かれています。商品名、型番は「QC2.0 AC Chager OMC18D」なんですね。AポートはDC5V/2.4A、QポートはDC5V/2A(Nomarl)、DC 9V/2A、DC 12V/1.5A(Quick Charge)となっています。

DSC01978.JPG

プラグは折りたたみ式なので持ち運びの時は邪魔になりません。爪で引っかけて引き出します。スプリングが付いているので少しいい感じに抵抗があって、パチンとプラグが立ち上がります。

DSC01980.JPG

プラグを出した状態ではこんな感じ。

DSC01981.JPG

こんな感じ。

DSC01982.JPG

こんな感じ。

DSC01985.JPG

USBケーブルのmicroUSB側ジャック。OMAKERのロゴが刻印されています。

DSC01983.JPG

Aプラグ側。特に何のへんてつもないですね。(^^;)

以上、開封の儀でした。

急速充電の威力を見た!

DSC01989.JPG

Zenfone 2を残量5%まで減らした状態で充電を開始してみました。9V/1.7Aも出ています!! 電圧を上げると同じ電流でも多くの電気を送れます。理論上5V/1.7Aの1.8倍となります。

10分で15%、20分で30%、1時間で80%、1時間30分で100%となりました。仕様通りの速度まで出ていませんがこれはチョッパヤですね!!

OmakerのQuick Charge 2.0対応の急速充電器のここがGood!

  • Quick Charge 2.0対応で対応機には爆速充電できる
  • USBポートが2つある
  • プラグが折りたためてコンパクト
  • 高速充電に対応したUSBケーブルが付属

Quick Charge 2.0対応充電器でコンパクト。これが最大の特徴でそのままGoodな点ですね。高速充電に対応したUSBケーブルが付属している点がなにげにうれしいです。

OmakerのQuick Charge 2.0対応の急速充電器のここがうーん

  • 価格がちょっと高い

定価が5,000円もします。販売されている価格は2,199円と安価になっていますが半額以下ですね。(^^;) 2ポートあるのでこの価格なら納得なのですが定価2,500円で販売価格が1,980円くらいだといいな〜。

さいごに

Quick Charge 2.0対応のAndroid端末を持っている方は付属のACアダプタがQuick Charge 2.0に対応していると思いますが、持ち運び用に1個欲しいですよね。そんな時にUSBポートが2つあるこの製品はとっても便利。オススメです。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

[レビュー商品提供記事]

スポンサーリンク
この記事をお届けした
ひとぅブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事がおもしろかったらシェアしてね

ひとぅに興味を持った方はフォローしてね

関連記事

この記事に関連するオススメ


Highslide for Wordpress Plugin