【ニュース】日本通信SIM、eSIMの提供を開始、使い勝手は?

スポンサーリンク

日本通信は、4月6日、日本通信SIMブランドにおいてeSIMを提供開始しました。合理的プラン(290シンプル・みんな・20GB・かけほプラン)の申し込み時に、eSIMとSIMカードのいずれかを選択可能です。

iPhone SE 第2世代、第3世代、iPhone XR、XS、11、12、13と、iPad Pro 11インチ 第1世代、第2世代、第3世代、iPad Pro 12.9インチ 第3世代、第4世代、第5世代、iPad Air 第3世代、第4世代、iPad 第7世代、第8世代、第9世代、iPad mini 第5世代、第6世代に対応しています。Pixelなどの機種は動作未保証ですが、恐らく利用できると思われます。

ちなみに4月6日は、シムの日だそうです。知らなかった!

スポンサーリンク

申込み後すぐ使える? 機種の入れ替えは?

日本通信SIMの本人確認は、オンライン確認(eKYC)に対応していません。このため申込み内容確認後、自宅のポストに住所確認コードが送られてきます。このコードを用いて開通手続きを継続が必要なため、申込日当日に利用はできません

一度、アクティベートが終わった後、削除してしまった場合や他の機種で利用したい場合は、eSIM再発行手続きが必要となり、1,100円が必要です。

残念ながらeSIMのメリットを活かしきれていないですね・・・。今のところ、eSIMは物理SIMスロットが1つしかないスマホで2つ目の回線として補完的に使うことを想定されているのかもしれません。気軽に申込み・解約ができて機種の乗り換えもできるようになるといいですね。

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ