【ニュース】セガ、ゲームセンター事業から完全撤退、店名から「SEGA」が消える

スポンサーリンク

アミューズメント事業を展開するGENDAは1月28日、ゲームセンターを運営するGENDA SEGA Entertainment(旧セガ エンタテインメント、GSE)の全株式を取得したと発表しました。同日、社名をGENDA GiGO Entertainment(GGE)に変更しました。

セガエンタテインメントはセガサミーホールディングスの完全子会社としてゲームセンター事業とゲーム機の開発製造を手掛けていましたが、2020年11月に株式85.1%をGENDAに売却していました。コロナ禍で業績悪化のための急展開。

また、SEGAブランドで運営しているゲームセンターの店舗名は2022年から約1年半をかけ「GiGO」に変更するとしています。まさに文字通り、セガの完全撤退となります。

セガはゲームセンター事業からの完全撤退を認めた上で、アーケードゲームの開発は継続するとしているようです。

スポンサーリンク

『セガのお店』 セガ アミューズメント施設事業の変遷

  • 1965 年 7 月 株式会社セガ・エンタープライゼス、アミューズメント施設の運営開始
  • 1992 年 10 月 ハイテクランド・セガ シントク(現:セガ秋葉原 1 号館)オープン
  • 1993 年 7 月 池袋 GiGO オープン
  • 2000 年 10 月 アミューズメント施設事業の株式会社セガ アミューズメント東日本、株式会社セガ アミューズメント東京、株式会社セガ アミューズメント東海、株式会社セガアミューズメント関西、株式会社セガ アミューズメント西日本への分社化
  • 2002 年 4 月 セガ アミューズメント東京から商号変更された株式会社セガ アミューズメントを存続会社とし 5 社が合併
  • 2004 年 4 月 株式会社セガ ビーリンク設立 ダーツバー(「Bee」「BeeRUSH」「KABURA」)の運営を移管
  • 2005 年 4 月 株式会社セガ アミューズメントを株式会社セガへ吸収合併
  • 2012 年 10 月 株式会社セガ ビーリンクに株式会社 AG スクエア、セガのアミューズメント施設事業部を吸収合併し、社名を株式会社セガ エンタテインメントに変更
  • 2015 年 4 月 グループ再編により株式会社セガホールディングスの子会社になる
  • 2016 年 3 月 「Bee」「BeeRUSH」「KABURA」等ダイニングエンタテインメント施設の企画・運営、飲食店施設の企画、ダーツアクセサリー等の販売事業を株式会社ビーリンクに吸収分割かつ移管
  • 2020 年 12 月 株式会社セガ エンタテインメントの株式 85.1%を株式会社 GENDA が株式会社セガより取得、株式会社 GENDA SEGA Entertainment へ社名変更
  • 2021 年 9 月 セガ池袋 GiGO 閉店
  • 2022 年 1 月 株式会社 GENDA SEGA Entertainment が自己株式 14.9%を株式会社セガより取得し、株式会社 GENDA の持株比率 100%に(議決権ベース)、株式会社 GENDA GiGO Entertainment へ社名変更、全店舗の屋号を GiGO に変更していくことを決定
https://genda.jp/category/news/
ニュース企業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ