【レビュー】超小型880円のUSBメモリの性能は価格相応で書き込みが遅かった

スポンサーリンク

USBメモリは種類が多くどれをかったらいいか悩みますよね。価格もいろいろありますし。

今回は、東芝の超小型のUSB 3.0対応のUSBメモリ(32GB)(880円)を買って試してみました。商品説明にある120MB/sは果たして出るのでしょうか?

スポンサーリンク

小型のUSBメモリは取り扱いが楽ちん

信頼の東芝製です。容量は32GB。最大転送速度は120MB/sとのこと。どこまで出るか、実測してみますね。

背面は中国語で説明されています。台湾製です。

これだけの大きさに32GB もの容量を保存できるなんて・・・すごい時代になりましたね。

各種ライセンスも取得されていますね。

速度測定してみた

速度測定しました。Read 137MB/s 、 Write 24MB/s。うーん、読み込みは仕様通り速度が出ていますが、書き込みは低速ですね・・・。書き込み、読み込みが多い用途に使うとかなりストレスを感じるでしょう。

一度、書き込みをしたあと、読み込みをするだけの用途には向いているかもしてません。880円と価格も安いですし値段相応の性能、といえますね。

みなさんのUSBメモリ探しの一助になれば幸いです。

雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ