【人柱レポ】カラオケJOYSOUNDはSwitch版とWii U版の曲数はどっちが多い?

スポンサーリンク

家庭用カラオケはJOYSOUNDの独断場です。家庭用のゲーム機に対応していることもありマイクを接続することでお手軽に自宅でカラオケを楽しめます。

我が家でも長年、Wii Uでカラオケを楽しんでいますが、ずっと気になっていたことがあります。

「Switch版の方が曲数が多いのではないか?」

そう考えた理由はふたつ。

  • 利用料金がSwitch版の方が高い
  • 任天堂の商品ページで5万曲の差がある

Wii Uはソフトの起動が遅く、歌い始めまで3分ほどかかります。何をしているんだろう?と思えるほどです。一方のSwitch版は1分ほどで歌い始められます。起動後はそれほど差は感じません。

Switch版に乗り換えを検討したのですが、価格差がありその差はなんなのだろう?と考えた結果、曲数の違いか?と思い調べてみましたが、いろんな情報が錯綜しておりはっきりしたことがわかりませんでしたが、ようやく判明したのでシェアします。

スポンサーリンク

料金の差

Wii U版とSwitch版では約1.5倍の価格差があります。

Wii U版Switch版
3時間券200円330円
24時間券300円550円
30日券1000円1540円
90日券2000円3080円

収録曲数の違い

Wii Uの商品紹介ページには「10万曲以上」とあります。

カラオケ JOYSOUND for Wii U
Wii U専用ソフト『カラオケ JOYSOUND for Wii U』の公式サイトです。

一方、Switchの商品紹介ページには「15万曲以上」とあります。

カラオケJOYSOUND for Nintendo Switch|Nintendo Switchソフト|任天堂
2017年12月6日(水)配信開始 Nintendo Switch『カラオケJOYSOUND for Nintendo Switch』をご紹介します。

この5万曲の差が料金の差、1.5倍の差なのかな?と想定したのですが・・・。

ジョイサウンドの商品紹介ページでは、家庭用カラオケはすべて同じ曲数、「15万曲〜」とあります。

家庭用カラオケのご紹介|JOYSOUND.com
スマホ、ゲーム機などで15万曲以上が歌えます。新曲や無料曲も!練習やストレス発散も♪

でも、、、機能比較ページでは、またまた、Switchは「150,000曲以上」、Wii Uは「100,000曲以上」とあります。もう混乱してきました!!

家庭用カラオケ機能比較|JOYSOUND.com
あなたにぴったりのサービスが見つかるJOYSOUNDの家庭用カラオケサービスの機能比較です。

配信状況を確認する方法は簡単にありました。JOYSOUND公式サイト「カラオケ・歌詞検索」です。

カラオケ・歌詞検索|JOYSOUND.com
歌いたい曲や歌詞がすぐに見つかるJOYSOUNDのカラオケ楽曲検索です。曲名・歌手名・番組名だけでなく、ランキングや特集などから簡単に曲を探すことができます。さあ、歌いたい曲を見つけてカラオケに行こう♪

家庭用カラオケはすべて配信されている曲に違いはないようです。(カラオケ、家庭用カラオケ、スマホサービスで配信状況を確認可能。)

使用感・機能的にWii U版が勝っている

配信曲数に差がない、価格はWii Uが安い・・・となればあとは機能に違いがあるのでしょうか。これも使ってみるとほぼ違いがありませんでした。これにはガッカリです。Switch版は業務用カラオケのように本人映像や曲によって映像が違うのでは?と期待していましたが、そんな事はありませんでした。

それよりは、Wii UのGamePadがカラオケボックスのそれに近く操作性が高いのは言うまでもありません。

と、言うことで総合的にWii U版が勝っていると言えます。Wii U版がいつまでサービスが提供される分かりませんが、Wii U版を使い続けることにしました。

ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ