【ニュース】freeee、楽天銀行との連携を終了へ 自動取り込みが停止

スポンサーリンク

freeeは1月24日、クラウド会計ソフト「freee会計」をはじめとした同社の全サービスにおいて、楽天銀行との連携を2月24日で終了すると発表しました。これに伴い、楽天銀行の法人口座や個人ビジネス、個人口座の利用明細の自動取り込みも同日に停止します。また、楽天カードや楽天Edy、楽天市場、楽天Pay(実店舗決済)の自動取り込み機能は、2月24日以降も従来通り利用できるようです。

利用者は2月24日以降に楽天銀行口座明細を取り込むには、楽天銀行のインターネットバンキングから口座明細データのCSVファイルをダウンロードし、freee会計にアップロードする必要があります。

freeeは連携終了の理由を「契約期間を満了するため」と説明しており、契約を継続しない理由については「2社の業務にかかわることなので話せない」としています。なお、同様のサービスを提供するマネーフォワード社は2月24日以降も連携を継続されると発表済みです。

自動化で便利に利用しているクラウドサービスですが今後このようなことは簡単に起こりうる可能性があります。私達利用者は、なんどきも、オリジナルデータ、オリジナルファイルは手元に、クラウドサービス上のデータはあくまであくまで作業用、テンポラリーであることを意識したいものです。

freee会計と楽天銀行のAPI連携契約満了に伴う 口座明細の自動取り込み停止のお知らせ | プレスリリース | corp.freee.co.jp
■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと) ・楽天銀行の参照系APIを活用した法人・個人ビジネス・個人口座のAPI連携契約が満了をむかえます ・それに伴い、2月24日17時頃に口座明細の自動取り込みが停止されます
Webサービスニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ