【ニュース】西武ドーム、2022年からベルーナドームへ

スポンサーリンク

西武ライオンズは1月17日、西武ドームの名称を3月1日から「ベルーナドーム」になると発表しました。通販事業を手がけるベルーナとネーミングライツ(命名権)契約を締結。契約期間は2027年2月28日までの5年間とのことです。ベルーナは1968年創業、2015年から埼玉西武ライオンズのオフィシャルスポンサーを務めてきました。

西武ドームは、2017年から2022年2月28日まではメットライフ生命保険がネーミングライツ契約を結び「メットライフドーム」としていました。

ネーミングライツ契約は大切な収入源ですが地図や印刷物などに大きな影響があるためコロコロ変えられないですよね〜。長期間契約が見込める企業と契約するのがいいですね。今回のように契約終了時期が明確になっているものもあれば、終了時期が未定のものもあります。

Wikipediaでどのようなものがるのか見るのも興味深いですね。

日本の命名権導入施設一覧 - Wikipedia
西武ドームの新ネーミングライツ(命名権)にベルーナが決定! 2022年3月より「ベルーナドーム」に名称を変更|埼玉西武ライオンズ
.pl_blockB01+.pl_blockB01{border-top:none;}【ベルーナドームロゴ】西武ドームは2022シーズンより新たなネーミングライツ(命名権)としてベルーナとパートナーシップを結ぶことが決まり、本日記者発表を実
ニュース雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ