【ニュース】ディスニー「私ときどきレッサーパンダ」を劇場公開を中止、Disney+で独身配信へ

スポンサーリンク

ウォルト・ディズニー・ジャパンは1月13日、3月11日に劇場公開する予定だったピクサーの新作映画「私ときどきレッサーパンダ」を、劇場公開を中止し、動画配信サービス「Disney+」(ディズニープラス)で独占配信すると発表しました。

米ディスニーは米国でのオミクロン株感染拡大を受けて劇場公開の中止を発表しており、日本も足並みをそろえた形です。ディズニープラスの契約者は追加料金なしで視聴できます。

ディズニープラスはディズニー公式の定額制動画配信サービスで月額990円(税込)でディズニーやマーベル、ピクサーなどの作品が見放題になります。劇場より安価な価格で作品を楽しめるとはいえ劇場だけのライブ感が味わえないのは残念ですね。

ディスニーはは2020年の「ムーラン」以降、コロナ禍の影響で劇場公開から配信に切り替えるケースが増えており、ピクサー作品も「ソウルフル・ワールド」(2020年12月)、「あの夏のルカ」(2021年6月)が劇場公開を中止し、ディスニープラスによる配信のみになっています。

コロナ禍の影響とはいえディスニーにとっては痛手ですね。せめてもの自社の動作配信サービスの拡大に寄与させたいという思惑があるとは思いますが・・・。

私ときどきレッサーパンダ|映画/ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式
『私ときどきレッサーパンダ』公式サイト。ブルーレイ・DVD・MovieNEX・デジタル配信最新情報のほか新作ディズニー映画、海外ドラマ、デジタル配信など、豊富な作品ラインナップをお届けします。ディズニー公式 Disney.jp
Webサービスニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ