【ネットスーパー】全国のネットスーパーを束ねるプラットフォーム「楽天全国スーパー」が開始

スポンサーリンク

楽天グループは1月11日、ネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」を開始しました。郵便番号を入力すると、居住エリアへの配送に対応するネットスーパーから注文ができます。

楽天IDでログインすれば、事前登録した住所やクレジットカード情報などを使って買い物でき、各店で申込みが不要な点は大きなメリットといえます。もちろん、楽天ポイントにも対応しています。

まず群馬県を拠点に1都14県に出店するベイシアと、「楽天西友ネットスーパー」が参加し、対応店舗は順次拡大する計画とのことです。

楽天全国スーパーは2018年から西友と共同で運営している「楽天西友ネットスーパー」で培ったノウハウをいかして構築、参加事業者の集客・販促活動、配送に伴うオペレーション構築など、ネットスーパー事業の立ち上げ・運営をワンストップで支援するプラットフォームとなります。

利用者は都度、会員登録が不要で操作も統一されているメリットがあり、スーパー側はイチからネットスーパーを構築する必要がないメリットがあります。地元スーパーの参画が期待されます。

今の所、参加スーパーが少ないため価格比較ができませんが、エリア内で複数のスーパーが出てきた場合は、楽天市場のように商品で価格比較ができるようになるといいですね・・・。

Webサービスニュース企業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ