【ニュース】Twitter、被写体の同意ない写真・動画を報告があれば削除措置へポリシー変更

スポンサーリンク

米Twitterは11月30日、「個人情報に関するポリシー」を更新したと発表しました。被写体の同意なしに投稿された写真・動画に対して、報告があった場合、その投稿を削除するなどの措置を行う。削除の対応は違反の程度や違反者の過去の違反歴によって異なるとのこと。

「個人情報を嫌がらせや脅迫のツールとして悪用することへの懸念が高まっている」と理由を説明していますが、この基準は実にあいまいです。

報告があっても措置を取らない例外もあり、コンテンツが公益のため共有されている場合、公的な人物が対象な場合、災害の様子など危機的状況に巻き込まれた人々を支援するためのコンテンツも例外となる可能性があるとのことです。

Twitterは以下のようなコメントを出しています。

「Twitterで安全だと感じるレベルは人によって異なる。それを理解して対処するために取り組み続けている。この取り組みに終わりがないことは認識しており、ユーザーの信頼を維持するためにサービスとポリシーを堅固、透明にするよう取り組み続ける」。

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ