【ニュース】マイクロソフト、Windows 10のアップデートは年1回に、サポートは2025年10月14日まで

スポンサーリンク

米マイクロソフトは11月16日、Windows 10の2021年11月の更新プログラム「22H2」のリリースと、これまで年2回実施してきたWindows 10のアップデートを年1回にすることを発表しました。10月にリリースしたWindows 11は年1回のリリースになるため、これにを合わせたということです。

Windows 10の次回のアップデートは2022年後半となる予定で、サポートは2025年10月14日までを予定しています。しかしこれはあくまで現時点のサポート状況で過去のOSでも延長サポートが実施されてきたこともあり、流動的と言えそうです。

ちなみに企業のWindows 11への移行は今のところ大きな動きはなさそうで、当面、Windows 10で継続し様子見となりそうです。

OS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ