【ニュース】Twitter、縦長サムネ表示にWebアプリでも対応

スポンサーリンク

米Twitterは11月10日、5月からモバイルアプリで提供を開始していた、タイムライン上のサムネイル画像の縦表示をWebアプリでも対応したと発表しました。投稿画像のアスペクト比が2:1から3:4までの場合、トリミングせずそのままタイムラインに表示されます。

Twitterでは2011年から画像投稿機能を搭載しており、タイムラインを見やすくするため縦長の画像はサムネイルで上下をトリミングしていました。2018年からAIを採用した結果、そのトリミング判断が人種差別との批判を受け、2020年にその改善を約束し、2021年3月にトリミングをしないテストを開始、5月にモバイルアプリを12月にWebアプリに搭載しました。

アプリ版でも縦長画像はそのまま表示する方が迫力があると感じましたが、ウェブ版でも同様、そのまま表示する方がいいですね。今回のTwitterの対応は評価したいと思います。基本機能を忠実にブラッシュアップしてゆくことが他のSNSの差別化にも繋がると思います。

Webアプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ