【ニュース】JR東、STATION WORKが全国300カ所に。エキナカ以外にも全国に展開

スポンサーリンク

JR東日本は11月8日、これまで駅構内などで展開してきたシェアオフィス「STATION WORK」を全国300カ所以上に拡大したと発表しました。2021年度に入って7カ月で約160カ所増設したこととなります。

これまでは首都圏でエキナカでの展開を行ってきましたが、フィットネスジムやカフェ、郵便局、空港など駅以外の施設にもSTATION WORKを拡大しています。また、JR東日本管外の関西、中四国、九州地方などにも展開しています。

今後はさらに設置場所を広げ、2023年度中に1000カ所を目指すとのことです。移動中の待ち時間に場所を確保することがこれまでは喫茶店などが主流でしたが、ウェブ会議もできるSTATION WORKの需要は今後も広がることが予想されます。

エキナカ×シェアオフィス - STATION BOOTH/DESK/ホテルシェアオフィス(ステーションブース/デスク/ホテルシェアオフィス)
「STATION BOOTH(ステーションブース)、STATION DESK(ステーション デスク)」はJR東日本が提供するエキナカ×シェアオフィス。提携しているホテルもオフィスとして利用ができます。空調や電源、Wi-fiを完備しているのでビジネスだけでなく、プライベートでも便利に使えます。
企業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ