【ニュース】Windows 7/8/8.1向けOneDriveアプリ、2022年2月末で同期終了

スポンサーリンク

マイクロソフトは11月5日(現地時間)、Windows 7、8、8.1の「OneDrive」アプリのアップデートを2022年1月1日に提供終了すると発表しました。また、OneDriveアプリでのクラウドとの自動同期は3月1日に停止します。

Windows 7のサポートは2020年1月14日に、Windows 8のサポートは2016年1月12日に終了しており、Windows 8.1のサポートは2023年1月10日に終了の予定です。

今回のOneDriveアプリの利用はできなくなりますが、Webアプリ版のOneDriveを使うことで引き続きファイルの手動アップロード、編集、共有は可能です。

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ