【バージョンアップ】秀丸エディタが約11年ぶりのメジャーバージョンアップ!Windwos XP以降に

スポンサーリンク

(有)サイトー企画は11月25日、定番テキストエディター「秀丸エディタ」の最新版Ver.9.00を正式公開しました。約11年ぶりのメジャーアップデートとなります。

「秀丸エディタ」Ver.9.00は今年7月からベータテストが行われており、ようやく正式版の公開となりました。変更点は多岐に渡りますが、ついに対応OSが、Windows XP以降となりました。

Windows 98/Me/2000などをサポートするのは、Ver.8.99.xが最後となります。

秀まるおのホームページ(サイトー企画)-秀丸エディタ
スポンサーリンク

秀丸エディタ V9 の変更点

約11年ぶりのメジャーバージョンアップということもあり公式サイトでも変更点について専用ページにて解説されています。以下は公式ページより引用。

 

  • V8.xxまではWindows98以降対応でしたが、V9.00からWindows xp以降の対応に変更しました。
  • 新規インストール時の32bit版の[その他]→[動作環境]→[32bit版]→[VirtualStoreを無効にする]をONに変更しました。
    バージョンアップの場合は従来の設定が引き継がれますが、Program Files配下の書き込みが無ければONにすることをお勧めします。
  • ファイルタイプ別の設定のフォントの多言語の「すべての言語で同じフォントを使用する」は標準でONに変更しました。
    従来は、エンコードの種類別(例えば日本語Shift-JISとUnicodeのファイル)で別のフォントになっていましたが、新規インストール状態では最初からONです。
  • 新規インストール時の標準のエンコードの種類のUTF-8の選択を追加しました。(カスタムインストール時)
    (インストール後は[その他]→[動作環境]→[ファイル]→[エンコード1]の「新規作成やASCIIのとき」で設定可能)
  • カレントフォルダはファイルがある場所に移動しないように変更しました。
    ([その他]→[動作環境]→[トラブル対策]→[その他のトラブル対策]の「カレントフォルダ移動」で設定可能)
  • 旧タイプマクロ登録,キー割り当て,設定のリストを廃止しました。

引用元:公式サイト

バージョンアップしてみた

早速、Ver.9.00にアップデートしました。・・・変化は感じることはできませんでした。(笑)

私くらいのライトな使い方では変化は特に感じません。・・・が、これがいいのです。秀丸エディタは派手な変化はしませんが、裏で進化を続けています。

ユーザーはこれまでと同じように使いづけられる。バージョンアップの内容を確認しつつユーザーに設定のし直しなどを強要したり、操作の習得や慣れをの負担を強いらない。この姿勢が私は大好きで長年、愛用している最大の理由かもしれません。

某社にも少しは見習って欲しいものですね!!

ソフト・アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ