【悲報?】LINEタイムラインがLINE VOOMへ、LINE友だちの枠を超えたSNSへ進化?

スポンサーリンク

LINEはこれまであったLINEタイムラインを2021年冬に「LINE VOOM」という新たな動画プラットフォームへ変わることを発表しました。

LINEタイムラインは友だちやフォロワー向けに、写真や文章を投稿したつぶやきを公開できるミニブログです。リニューアルされるLINE VOOMは友だちの枠を撤廃し、フォロワーが閲覧できるようになります。

リニューアルに伴う設定変更について
タイムラインは2021年冬に「LINE VOOM」に生まれ変わります!それに伴い、11/24に一部設定が変更されます。
スポンサーリンク

LINE VOOM リニューアルポイント

  1. 閲覧は「友だち+フォロワー」から「フォロワー」となる
  2. 誰でもフォローできる
  3. フォローを外しても友だちから解除されない
  4. 動画プラットフォームと言っているけども従来と変わらず写真・文字だけも投稿できる

どうでしょうか?分かりにくいですよね。簡単に言うと友だちから展開したタイムラインですが、友だちの枠から出にくいという弊害がありました。TikTokやInstagramのような広がりの可能性を高めるため、この枠を撤廃することを決定しました。

リニューアルに伴う設定変更について
タイムラインは2021年冬に「LINE VOOM」に生まれ変わります!それに伴い、11/24に一部設定が変更されます。

友だち以外にフォローされたくない、フォロワーを非表示にしたい

フォローベースへの変更に伴い、LINE友だち以外でも、フォローし合う事ができるようになります。それに伴い、「フォロー設定」 > 「フォローを許可」の設定が、自動でオンに変更となり、LINE友だち以外からもフォローができる状態になります。これが嫌な方は、オフにしましょう。

「フォロー情報を公開」の設定は変更されず、デフォルトはオフとなります。「フォロー情報を公開」の設定をオンにした場合、自分がフォローしているユーザーリストや、自分をフォローしているユーザーリストが全体に公開されます。

スーパーアプリを目指すLINE、シンプルまたはOFFにできないのだろうか?

無料で利用できるLINEはマネタイズのためいろんなサービスを盛り込み、スーパーアプリ化を進めています。その反面、利用しない機能が付属しこどもの安全に配慮が欠ける状況になりつつある、とも言えます。

電子メールの代替手段として広く普及しているLINEですが、インフラとなりうるメッセージサービスを一社が独占してしまう危険性、弊害であると思います。

LINEには日本のインフラと化している現状を理解していただき、こどものアカウントは保護者が機能をオフ、または非表示にできる機能を搭載を検討して欲しいものです。

雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ