【人柱レポ】iPad mini 第6世代のeSIMで povo 2.0 を使える?

スポンサーリンク

大人気のiPad mini 第6世代。Wi-Fi + Cellular モデルでは、物理SIMに加え、eSIMが利用可能です。

0円から電話番号を持てると人気で申し込みが殺到(?)し開通まで時間が掛かってしまっている povo 2.0 は物理SIMとeSIMに対応しています。

iPad mini 第6世代で povo 2.0 は利用できるのでしょうか?試してみました。

スポンサーリンク

povo 2.0 は iPad mini 第6世代で使える(要プロファイルインストール)

結論から言いますが、「povo 2.0 は、iPad mini 第6世代で問題なく利用できる。」です。

ただし、auやドコモのようにSIMを刺すとそのまま利用できるのではなく、プロファイルのインストールが必要で、ひと手間がある点、注意しましょう。

以下に詳細な手順をご紹介します。

eSIMは物理的なSIMはなく通信事業者の電子情報を書き込む(設定)することで利用できるようになります。「設定」アプリ→「モバイルデータ通信」→「新規プランを追加」をタップします。

「通信事業者を選択」画面が表示されます。「au」ではなく「その他…」をタップします。

povo 2.0 から配布されているeSIM用のQRコードをカメラで読み取ります。

「KDDIからのモバイル通信プランを iPad に追加することができます。」と表示されればOK。「モバイル通信プランを追加」をタップします。

そうすると「au」が追加されており「有効」と表示されていることを確認しましょう。povo なのにKDDIだったりauだったり・・・。分かりにくいですよね。

これで通信ができる・・・わけではなく、アンテナピクトが立ちません。

プロファイルのインストールが必要なのです。うむ。povo 2.0はauのプランではなく、完全にMVNO扱いであることを強く感じます・・・。

Wi-Fiに接続しSafariでpovopovo 2.0 サポートにアクセスします。「APNのプロファイルDLはこちら」をタップします。タップすると自動でiPadにダウンロードされます。

お客さまサポート | povo
povo

「設定」アプリ→「一般」→「VPNとデバイス管理」から、先ほどダウンロードしたプロファイルをタップします。「povo for iOS」をタップします。

「povo APN設定ファイル」の承諾を確認し、「次へ」をタップします。

「インストール」をタップします。これで完了です。

アンテナピクトが立ち、4G(または5G)に接続すれば完了です!!お疲れさまでした。

さいごに

iPad mini 第6世代で povo 2.0 のeSIMを利用するにあたっての注意点は下記の通りです。

  • Wi-Fi に接続しSafari でAPN設定プロファイルのダウンロードする
  • 設定→一般→VPNとデバイス管理でプロファイルをインストールする

なお、前にプロファイルをインストールしている場合は、あらかじめ前のプロファイルをアンインストール(削除)しておく必要があるのでさらに注意が必要です。

モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ