【最適解】Androidスマホ・パソコンで音声入力で快適・効率的に長文入力できる環境はこれだった

スポンサーリンク

皆さんは文字入力をどのようにしていますか?パソコンでキーボードでローマ字入力やスマートフォンでフリック入力している方がほとんどではないでしょうか。

私の場合は少しマニアックでパソコンでは親指シフトという入力方式を利用しています。親指シフトは入力する言葉一文字に対し1回の打鍵で済むのでローマ字入力と比較しキーの入力回数が少なく済み手首の負担が少なく済むというメリットや入力速度の向上が期待されます。

しかしそれ以上にもっと効率の良い入力方式があるのです。そう、今回お話をする音声入力です。

特にスマートフォンではiOS や Android の音声入力は秀逸で高い認識率を誇っています。この2、3年で認識率はさらに向上したと実感しています。入力速度はキーボード入力やフリック入力と比べ劇的に速いです。

それならば、ブログの執筆に音声入力を活用できないか?と数年前から色々と模索をしました。しかし認識率だけではない使い勝手の面で苦戦しました。そして、ようやくスマホとパソコンでベストな音声入力環境を構築できたのでご紹介したいと思います。

興味のある方はぜひ参考にしてくれれば幸いです。

なお以下の環境で利用が可能です。

  • Androidスマートフォン、タブレット
  • Chromeブラウザ(Windows、Mac、Chromebook)
スポンサーリンク

音声入力に求めるもの

まず最初に検討したのは以下の方法です。

  • スマホ:iOS標準音声入力機能、Android Gboard音声入力機能
  • パソコン:Googleドキュメントの音声入力機能

しかしこれ落札については大きな不満がありました。

  • 音声入力の待機時間が短い
  • 句読点、改行が正しく入らない
  • キーボードで修正すると音声入力が終了する

これらの機能は音声入力は補助的なものと位置づけられているのか分かりませんが、待機時間が短いため文章を考えている間に音声入力モードが解除されることが多々あり都度、音声入力モードに入る必要があります。

句読点や改行の位置はなかなか理想の形にはなりません。また、認識率が高くなったとはいえ入力間違いは10%前後で起こりますし、商品名や製品名はほぼ正しく入力できません。

音声入力で快適に文章入力するために求められるのは、次であることが分かりました。

  • 音声入力の待機時間が長い
  • 音声入力待機中でもキーボードで修正ができる
  • 認識結果を取り消すことができる(ひとつ前に戻れる)
  • 修正したい箇所を選択し上書きで音声入力で書き換えられる

簡単そうですがこの条件を満たすのはなかなか難しいです。今回は Android と Chrome ブラウザーに限定し環境を整えたいと思います。

音声入力で快適に文章を入力する環境

Chromeアドオン「VoceIn」

Chromeブラウザのアドオン「VoiceIn」を利用します。VoiceInはブラウザ内のテキストボックスに対し音声入力が可能です。基本機能は無料で利用可能です。Chrome ブラウザーのアドオンなのでWindows を始めMacや Chromebook でも動くはずです。

VoiceInは求める仕様をすべて満たしており、WordPressでも利用可能です。

VoiceIn
任意のウェブサイト上の任意のテキストボックスに音声認識を使用します

注意点としては入力ができないサイトも一部存在します。課金することで入力はできるようになったりライブのテキストエリアを利用することで代替入力することで対応することになります。具体的にはマストドンの財布で入力ができませんでしたが、年間25ドルを課金することにより入力できるようになりました。

将来にわたりサービスを継続して欲しいので今回は課金をしました。2021年9月現在、年間25ドルで2年目以降も金額に変更はないらしいです。その金額は変動するようで昨年は年間20ドルだったそう。今後価格改定される可能性もあるため、鍵借りる場合は早い方がいいかもしれません。

Androidアプリ 「スピーチノート」

Android アプリ「スピーチノート」を利用します。無料で利用可能です。スピーチノートは求める仕様を全て満たしており、完成したテキストをコピー&ペーストして利用する形になります。

Speechnotes スピーチノート - 音声から文字へ

Speechnotes スピーチノート – 音声から文字へ

WellSource – Empowering You無料posted withアプリーチ

スピーチノートはノートアプリ7で入力した文章はコピー&ペーストで他のアプリに貼り付けて利用する形になるので使い勝手は若干低下します。しかし長文を入力する場合にはスピーチノートを使った方が明らかに効率が高くなります。

スマートフォンで驚くほど早く長文を書けるようになるのでスピーチノートを利用する価値は十分にあると思います。

またアプリは基本的に無料で利用できますが広告を削除したい場合、880円の課金をすることになります。私は今のところ無料版で利用させてもらっています。もう少し利用頻度が高くなれば課金したいと思います。

さいごに

いかがでしたか。今回は音声入力について最適な文章入力ができる方法を色々と考えて具体的に私が使っているアドオンとアプリをご紹介いたしました。

また既にお気づきかと思いますがこのブログは音声入力で執筆をしました。だいたい8割から9割を音声入力をして残りはキーボードで修正をしたり加筆をしました。

親指シフトで入力はかなり速い方ですがやはり音声入力の方が早くて楽ちんです。ただ、入力する文字を考えながら話すのは難しいです。これは少しずつ慣れるしかないですね。

これからもブログ記事を書くにおいて音声入力を活用していきたいと思います。

Twitterではガジェットの話題やモバイル回線の話題などマニアックなツイートをしています!ぜひフォローをお願いします!

ひとぅをTwitterでフォローする

お勧め情報ソフト・アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ