【レビュー】Mirfak USBコンデンサーマイク充実のセットを使ってみた→プロの気分を味わえた

スポンサーリンク

アマチュアでも機材のクオリティが向上している昨今、マイクも例外ではありません。

プロの歌手やレコード会社の使う機材に遠く及ばないものの、安価でそこそこクオリティが高い商品が増えてきました。

今回はMirfak USBコンデンサーマイク マイクセット(TU1)」(7,902円★今なら30%OFFクーポン有をご紹介します。

この記事は、ひとぅブログレビューポリシーに基づき、Gudsenさんからレビュー商品を無償提供いただきました。記事掲載における金銭の授受、記事内容への関与は一切ありません。
スポンサーリンク

開封の儀

1万円以下という価格でも驚きですが、箱の大きさに再び驚きました。マイクのパッケージの大きさではないですよ、これ。(笑)

背面には内容物などが英語表記で書かれています。何となくですが理解した気になりました。

側面にロゴが書かれています。「MIRFAK Audio」とあります。失礼ながら初めて聞いたブランドです。

それでは開封していきましょう。

スポンジの下にはポップガードが入っています。これがあると一気にプロっぽくなりますよね。

その下も見ていきましょう。

何やらいっぱい出てきました。

こいつがマイク本体。

内容物は何やらたくさんです。マイク本体、三脚スタンド、マイクスポンジ、ポップガード、アームスタンド、ショックマウントなど。一通りそろっています。

説明書は英語です。専門性が高い製品なので日本語表記がよかったですね。何となく感覚で乗り切りましょう。

マイクは上からエコー、ボリューム、3.5mmジャック、ミュート・ノイズ軽減ボタンとなっています。

マイクの底はUSB端子となっています。

マイク受信部。指向性は単一指向性となっています。

スタンドにセットしてみました。USBケーブルはまた刺していませんがコンパクトだと思います。Zoomの会議用マイクとして利用するといい声を披露できそう。

背面から見たところ。角度調整などもできますね。

ショックマウントに設置すると顔の高さまでマイクを自由に調整できます。

マイクスポンジを付ければカザキリ音を防ぐ効果があります。

ポップガードを付けることでよりカザキリ音はなくなるでしょう。

以上、開封の儀でした。

MIRFAK 単一指向性マイクを使ってみた

実際に使ってみた感想をご紹介します。

マイクに高感度サウンドカードが内蔵されていて高感度・高集音力を備えています。声をマイクの中心に集め環境音を抑える機能もあるようでクリアに聞こえます。

マイク本体に3.5mmイヤホン端子があるためスピーカーを接続すれば遅延の無いリアルタイムモニタリングができます。

ただ、Wii Uのカラオケ用マイクとして利用しようとしましたが、残念ながら利用不可でした。電圧が足りなかったのか、機種として未対応なのかわかりませんが残念です。

さいごに

現在は30%割引クーポンがあるため、実質6,000円以下でセットを購入できます。コンデンサマイクは従来高いものが多い中、この商品はかなり安価です。品質はプロから見れば高くないのかもしれませんが、素人の私の耳には十分と感じました。

まずは入門機として試してみて自分の環境で活用でき、さらに上のレベルのものが欲しくなれば買いかえればいいかな、と思います。

気になる方はチェックしてくださいね。

 

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ