【TIPS】WordPressを辞めて静的サイトに移行する方法とその理由

スポンサーリンク

過去のブログ記事などを、アーカイブで残すことってよくあります。

私も過去にTumblrやはてなブログで書いてきた雑記ブログや、閉鎖したマストドンのつぶやきをWordPressを構築し、コンテンツを掲載していました。

でもこのような「コンテンツが更新されないサイト」にWordPressを利用するのは意外と危険が潜んでいたりします。

WordPressは世界でもっとも利用者の多いブログシステム、CMSですが、その脆弱性を狙った攻撃を受けるリスクも世界でもっとも多いです。脆弱性は日々発見されており、日々改善が繰り返されています。

つまり、WordPressは定期的にバージョンアップが必要です。

しかし、コンテンツが更新されないサイトはWordPressの管理画面に入る頻度も少なくなりアップデートがおろそかになりがちです。脆弱性を残したままサイト公開を続けるとサイトの改ざんや他のサイトへ攻撃をする踏み台にされるリスクもあります。

私の場合は、このようなコンテンツが更新されないサイトは、リスク低減のため、WordPressでの運用を諦め、静的サイトへ移行することを決断しました。静的サイトとはHTMLファイルで構成されサーバで実行されるプログラムがないためリスクが限りなく低くなります。

スポンサーリンク

WordPress で静的コンテンツを生成するプラグイン「Simply Static」

WordPressのコンテンツを利用し静的サイトを構築するプラグインが存在します。今回はSimply Staticを利用して約500記事と約1000記事の2サイトで静的コンテンツを生成しました。

Simply Staticの使用方法は解説サイトに譲りたいと思います。ていねいな手順で解説されているので、使い方で迷うことはないでしょう。

[Simply Static]WordPressで静的HTMLを生成する方法【便利な使い方から注意点も解説】 | DISPLAY
制作・開発はWordPressで行いたいけど「静的なHTMLソースが欲しい」というケースはけっこうあると思います。本記事では「WordPress ⇒ 静的HTML化」というニーズをシンプルに叶えてくれるプラグイン「Simply Static」について、便利な活用方法と考察を交えつつ実際に静的HTMLを出力するまでの流れ...

移行したのは次の2つのサイトです。

#ひとぅ雑記
新しいもの好きで飽き性、ひとぅの雑記ブログ(休眠中)
Gontaマストドン

どちらもシンプルな構成だったため、きれいに移行でき違和感もありません。生成にかかった時間は、どちらも約15分ほどでした。PCとスマートフォンのどちらもきれいに表示されています。静的コンテンツのため検索機能は利用できないので、外した上で変換をするといいと思います。

WordPress を辞めることのメリット

  • WordPressのアップデートが不要になる
  • 脆弱性による攻撃を受けるリスクが低減される
  • 表示速度が向上される

WordPress を辞めることのデメリット

  • コンテンツの更新をするたびに再生成(再構築)が必要
  • 今後コンテンツを二次利用しにくくなる

更新しないコンテンツであれば静的サイトに変換しWordPressも閉鎖すればいいと思います。ただ、コンテンツを二次利用をしづらくなるのでWordPressのデータベースをバックアップを取っておくことをおすすめします。

インターネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ