【脅威】ドコモが固定回線を取りに来たゾ!本当に制限が無ければヤバイ!home 5G、月額4980円!

スポンサーリンク

NTTドコモは5月19日、2021年夏の新サービスと新商品を発表しました。今回は意欲的なサービスが発表されました。「home 5G HR01」は簡単設置ですぐに使える5G対応ホームルーター。です。8月下旬に発売されます。

home 5Gの特徴は以下の3つ。

  1. コンセントに挿すだけ!
  2. データ量無制限!
  3. 5G高速通信対応!

5Gの高速回線を容量無制限で使えます。料金プランは専用プランの「home 5Gプラン」で月額4,950円(税込)

home 5G | NTTドコモ
【2021年8月27日(金曜)提供開始】5G対応ホームルーターをコンセントに挿すだけ、工事不要でおうちのWi-Fi環境が整います。月額4,500円(税込4,950円)でデータ量無制限、5Gの高速通信がご利用になれる「home 5G」をご紹介します。
スポンサーリンク

Wi-Fi通信時 最大1201Mbps、有線LAN通信時 最大1000Mbps!

5Gの受信最大速度は4.2Gbpsですが、11ax(Wi-Fi 6)対応で1201Mbpsとなります。また有線LAN接続では、1000BASE-Tで1000Mbpsとなります。ついに有線LANより無線LANが、さらには携帯回線の方が高速な時代になりました。

まさか有線接続が最も遅い時代が来るとは・・・。

同時接続台数は65台、固定回線に取って変わる回線になりうる・・・ただし本当に無制限ならね!

端末同時接続は65台まで。これほどの高速回線であるなら従来の固定光回線、ADSL回線の代替手段に成りうるでしょう。ただし!本当にデータ使用量無制限なら。という条件付きですが・・・。

例のごとく以下の注意書きが書かれています。

直近3日間のデータ量で通信が遅くなることがある、と記述があります。どの程度で制限がかかるのか。制限後の速度はどのくらいなのか?つわものの人柱レポに期待したいところです。

5Gの高速通信で大容量の通信が発生するのは間違いありません。まさか10GB程度で制限がかからないですよね・・・??サービス開始当初は寛容であってもだんだんと厳しくなっていくのが、モバイル回線の常識です。常用するには数年様子見をすることをお勧めします!!

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。
モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ