【注意喚起】アカウントロックされても慌ててログインしちゃダメ!アドレスやサイトをよく確認しよう!

スポンサーリンク

電子メールで「アカウントロックされました。」と受け取っても慌てないようにしましょう。

Googleアカウントをロックされた奴がどの口で言うか!という突っ込みはTwitterで受け付けるとして(汗)、メールでそのような連絡が来て、ドキッとすることがありますよね。

今回はそのようなメールに対して、慌てて間違った対応をしないよう注意喚起の記事を書かせていただきました。

こういう事はたまに記事で目にすることで記憶に残っているかどうかで初動が変わってくるので意外と重要なんですよね。皆さんも改めて確認をしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

そのメール、怪しくないですか?

5月4日、Googleアカウントがロックされる(涙)前にこんなメールが送られてきていました。

「アカウントは一時的にロックされています。」という件名のメールを受け取ったら慌ててしまいますが落ち着いて次の点を確認しましょう。

  1. 普段利用しているサービスですか?
  2. サービスに登録しているメールアドレスですか?
  3. 日本語がおかしく(不自然で)ないですか?
  4. 送信元のでメールアドレスがおかしく(不自然で)ないですか?
  5. リンク先サイトのアドレスはおかしく(不自然で)ないですか?

だいたいこの5つを確認すれば怪しい点があるものです。ひとつでも該当すれば迷惑メールである可能性が高いです。URLをクリックせず即刻削除しましょう。(ゴミ箱ではダメです)

今回の私の場合は、1、2、4、5が該当しました。このメールはHTMLメールのため「ログイン」にリンクが貼られていますが、リンク先URLが明らかに怪しいものでした。実在するサービスの「ビットバンク」に模したログイン画面がにIDとパスワードを入力させ、詐取しようとしているのだと思います。いわゆるフィッシング詐欺ですね・・・。

ちなみに私はサービスごとにURLを使い分けています。今回はLifebear(ライフベア)に登録したアドレスでした。Lifebearへ問い合わせをしてみようかと思います。

以上、みなさんもウィルス感染を狙うまたはフィッシング詐欺を狙うメールには十分にご注意するようにしてくださいね!!

 

 

 

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ