【レビュー】ペーパーライクのiPad保護シートええやん!書き心地がクセになりそう

スポンサーリンク

学習用に使うiPadの保護シートを初めてペーパーライクフィルムタイプを購入してみました。結論、買って良かったです。これまでガラス保護フィルム派でしたが、Apple ペンシルが滑るという課題がありました。

学習用という事でApple ペンシルで文字を書くことも多いため、紙の素材に近い方がいいかな?と考えたのですが大正解でした。

今回購入したのは、PCフィルター専門工房 iPad 10.2 (第8世代 2020 / 第7世代 2019)用 ペーパーライクフィルム  反射低減 フィルム アンチグレア 保護フィルム(1,399円)です。

スポンサーリンク

ガラスより貼るのは難しいけどもガイドがあるので失敗はしない

内容物はお礼のお手紙?と保護シート、イントネーションパック(アルコールシート、位置合わせシール、ほこり取りシール)です。

位置合わせのシールがあるため思ったよりも貼るのは難しくありませんでした。

いつものようにホームボタンとカメラ穴位置をはじめに調整をして貼りました。

書き心地は?まさに紙に書く感覚で抵抗がある!

低反射タイプで映り込みが少なく、Appleペンシルでの書き心地は紙に書くような適度な抵抗感がっていいと思います。ただ、ガラス保護フィルムと違い指の滑りは当然悪くなるのでその点は留意するようにしましょう。

はじめてのペーパーライクフィルムでしたが、Appleペンシルを多く利用するシーンにはガラス保護フィルムよりもいいのでは?と感じました。

気になる方はチェックしてくだいさいね。

雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ