【おオススメ】独自ドメイン・独自メールサーバで企業の囲い込みの束縛から解放されよう!

スポンサーリンク

2021年春、携帯電話業界では大手キャリアが始めるオンライン専用プランが注目されています。20GBで2,000円台と一気に料金の値下げが行われたように見えますが、いろんなコスト削減が行われています。その一つが「キャリアメールが利用できなくなる」という点。

これは、[@docomo.ne.jp]、[@au.com]、[@softbank.ne.jp]といったキャリア各社が準備したメールサービスで利用者は携帯電話の契約期間中、利用できるというものです。つまり携帯電話会社を変わった場合や、今回のように新料金プランに変更すると利用できなくなります。

メールアドレスが変更になると連絡先が変わることになりネットショッピングやウェブサービスなど各所の登録変更が必要となり手間がかかり面倒です。メールアドレスが変わってしまうならこのままでいいや。という方も意外と多いと思います。

インターネットプロバイダーのメールアドレスも同じで、[@XXXX.ocn.ne.jp]や[@nifty.com]を変更するのが面倒なので使い続けている、といったことも多そうです。

メールアドレスはサービス提供元が存続していることが条件となります。当然ですが・・・。このため倒産やサービス終了をしてしまった場合、そのメールアドレスは利用できなくなります。

メールアドレスは今や住所や電話番号と並ぶ重要な連絡手段ですが意外と脆弱なものだとお分かりいただけたと思います。

スポンサーリンク

電子メールこそずーっと使える不変なアドレスをもちたい

LINEやFacebookがあるからメールアドレスは何でもいいや。という意見もありますが、長い期間で考えるとこれらのSNSサービスも未来永劫サービスが継続する保証はどこにもありません。そこで!今回のお題である「独自ドメイン・独自メールサーバで企業の囲い込みの束縛から解放されよう!」です。

これまでご紹介してきた通り、メールアドレスは不変な方がいいです。それを解消するのが、「独自ドメイン・独自メールサーバ」です。

メールアドレスは、hogehoge@gmail.com といったようなものですが、これには2つの意味があります。

hogehoge@gmail.com

赤文字の部分がGmailなどサービス提供元が提供する部分で、通常は青文字のユーザーアカウントの部分のみ設定できます。これが独自ドメインと独自メールサーバを利用すると、どちらも自由に設定できるようになります。また、メールアドレスはいくつでも作成できます。

  • 独自ドメイン  ・・・gmail.com の部分を自分のアドレスをゲットできる
  • 独自メールサーバ・・・hogehogeの部分を自分でいくつでも作成できる

メールアドレスは、気軽に利用できるものであるが故に長く使うとメールボックスがごみ溜めのように大量のメールであふれかえってしまいがちです。メールアドレスは複数作成をして、重要なメール用と、そうでないもので登録を分けることをお勧めします。(重要と判断したものは後でアドレス変更をする運用)

月額200円~300円程度で運用できる

レンタルサーバなどが提供するメールサービスを利用することをお勧めします。

月額100円程度でメールを無限に作成できるので家族で利用すればとても安価です。独自ドメインは年間1500円程度なので年間200~300円程度で、独自ドメイン・独自メールサーバの運用が可能です。

いろんなサービスがありますが有名どころを3つほどご紹介します。詳細は各サイトをご確認ください。(どこで契約してもよいと思います!)

お名前メール 月あたり42円からのメールアドレス取得|お名前.com
月あたり42円~独自ドメインのメールアドレスが作れるお名前メール。お名前.comでは独自ドメインの取得と同時にレンタルサーバー(メールサーバー)のお申込みができるため、かんたんに始められます。メールアドレスは無制限で作成可能。メールアドレスは無制限で作成可能。メールの暗号化、ウイルス対策、迷惑メールフィルターなどセキュ...
ムームーメール | 独自ドメインで使うWEBメールサービス powered by ムームードメイン
ムームードメインが提供する独自ドメインで使うWEBメールサービスです。30GBの大容量、マルチドメイン20個対応、メールアドレスの作成数は無制限です。スパムフィルタやウィルスチェック対応で万全なセキュリティ対策。
セキュリティ対策を強化したメールサーバー専用プラン【メールボックス】 - レンタルサーバーはさくらインターネット
セキュリティを強化したメールサーバー専用サービスといえば、さくらのメールボックス。月額換算わずか87円でメールアドレス・メーリングリストが作成可能でウェブメールにも対応。ウィルスや迷惑メールのチェックもサーバー側で自動処理。

メールサービスを利用するメリットをまとめると以下。

  • 月額200円~300円程度で自分のメールアドレスを取得できる
  • 未来永劫メールアドレスは変わらない
  • メールアドレスを複数利用できる
  • メールサービスを乗り換えてもメールアドレスは変わらない

ずっと変わらないメールアドレスを安価でいくつでもメールアドレスを作れるメリットの他、万一、メールサービスが終了して他社に乗り換えたとしても独自ドメインは自分のものなので、新しい契約先のメールサーバに独自ドメインと、メールアドレスを設定さえすれば、同じアドレスを使い続けられます

そう、これが最大のメリットなんですね!

メールサービス各社ではウェブメールも提供していますし迷惑メール対策もあります。キャリアメールやGmailに依存するのをやめ、みなさんも自分用のメールアドレス作ってみてはいかがですか??

Webサービス インターネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ