【悲報】楽天ゴールカードの楽天市場でのポイント特典が+4倍から+2倍へ改悪へ ~還元率で一喜一憂する生活から脱却のススメ~

スポンサーリンク

楽天カードは14日、楽天ゴールドカード利用者特典として、楽天市場で常時開催しいてる「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」のポイント倍率を、4月1日より現在の+4倍から+2倍に変更することを発表しました。カード利用時の特典である2倍も終了します。また、新たにお誕生日月に1倍追加となる特典を開始します。

楽天ゴールドカード サービス改定のご案内
楽天ゴールドカード サービス改定のご案内

楽天ゴールドカードは年会費2,000円のため、2021年1月14日までに申し込みをした利用者に対し、年会費の全額返金を実施するとのこと。火消対策も万全です!

年会費11,000円の楽天プレミアムカードのポイント+4倍は継続されます。

スポンサーリンク

還元率で一喜一憂する生活から脱却しよう!

ポイントプログラムやキャッシュバックはお得感があって、つい飛びついてしまいがち。ポイントプログラムは溜めるのが楽しいですし、バーコード決済では過剰なキャッシュバックも横行していました。

私もそうなのですがお得なじ情報があると飛びついてしまいがちですが、何にでも飛びつくのではなく、改悪されることを念頭に「費用対効果」を考えたうえで決定するようにしたいものです。

費用対効果。これ以外と重要です。

  • 得られる月間のお得額は?
  • そのサービスはいつまで続きますか?(改悪リスク)
  • 申し込み・解約・切り替えの手間暇はどのくらい?

この3つを基準に考えるとわかりやいと思います。

そもそも得られるお得額(純利益)はどのくらいでしょうか。

ポイントが+4倍になったとしても10,000円で400円です。月に楽天市場でいくら使いますか?5万円で2,000円です。これに年会費2,200円を引くとお得額はいくらになるでしょうか。

私は楽天で年間に20~30万円程度だと思います。1万円前後のお得となりますがこれが今回半額の5,000円程度に半減されます。無いよりマシですが年会費無料の楽天カードで良かったな。となったりします。

「改悪」することを前提にお得額をペイできるか?改悪した場合、切り替えを要することがあればその手間暇をコストとして考えてお得額を考えなければなりません。

例えば平均して月に1,000円お得になるサービスがあったとします。改悪された場合、切り替えが必要で要する時間が3時間だったとします。するとどうでしょうか?12,000円の利益をした後に3時間(約3,000円~1万円)のコストがかかってきます。そもそもこれとは別にサービス内容をウォッチする精神的負担やストレスもかかってしまいます。

還元率で一喜一憂するのではなく、その手間暇をかける価値があるか?を判断し決定するようにしたいものです。

Webサービス雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ