【買収】Fitbit「Googleの一部」になったことを発表

スポンサーリンク

Fitbitは健康を管理する体に装着するガジェットを販売するブランド。私は2012年ころに購入して使ったかり初期組でしたがここまで人気が出るとは・・・。そしてGoogleが買収したんですね。

今朝、Fitbitからメールが届いていました。

「Fitbit は Google の一部となりました」

日本人には何となく違和感のある表現ですが、悲観しているわけではなくGoogleの一部として今後より発展するぞ!という意思の表れのようです。

これまで培ってきたFitbitの技術とGoogleの技術を統合することでよりユーザー体験を高められることを期待しています。

Fitbit は ‌Google の‌一部と‌なりました - Fitbit Blog
Fitbit ? ?Google ???????????

Fitbit は Google の一部となりました

Fitbit が正式に Google の一部となりましたことを、ここにお知らせいたします。これは私たち企業にとって、そして世界中のユーザーからなる Fitbit コミュニティにとって、非常にエキサイティングな出来事です。

エリックと私が 13 年前に Fitbit を設立したときに思い描いていたのは、「世界中のすべての人をさらに健康にする」というシンプルかつ大胆なアイデアでした。2009 年に最初の Fitbit トラッカーを発売してから、100 か国以上で 1 億 2000 万台以上のデバイスを販売する現在に至るまで、この使命は一時も揺らいでいません。それだけでなく、何百万人ものユーザーの皆さんがその使命を後押ししてくれ、Fitbit は私たちの生活を変えるようなムーブメントになりました。人命を救うことに貢献したという話も、ユーザーの方々から伺っています。私たちはこれまでに、のべ 275 兆もの歩数と 150 億時間以上の睡眠を記録してきました。

これはほんの始まりに過ぎません。私たちは Google ファミリーの一員になることで、より良い健康に向かう人々が勇気を得て、モチベーションを高められるよう、さらなる取り組みを重ねることができます。皆さんの健康管理とウェルネスのニーズに応えるために、よりスピーディーに革新し、より多くの選択肢を提供して、より優れた製品を開発できるようになるでしょう。これまでは自分たちの力で、歩数や心拍数、睡眠、ストレスの先駆的な測定方法を生み出し、手首に装着するデバイスの限界を超えてきました。これからはGoogle が持つ素晴らしいリソースや知識、グローバルプラットフォームを活用できることで、その可能性はまさに無限に広がります。

今回の買収により、さらに多くの機会が生まれることは間違いありません。同時に、Fitbit がこれまで培ってきたこと、皆さんにご支持いただいてきたことの多くは変わらないということも、お伝えしたいと思います。私たちは、あるべき姿に向かって、皆さんの健康と幸福を中心に考えて取り組み、画一的なアプローチに陥ることなく、Android と iOS の両方に対応するサービスを充実させていきます。

今後もユーザーの皆さんに信頼していただくことが、私たちにとっての最優先事項です。強力なデータプライバシーとセキュリティ保護、ユーザーによる個人データのコントロール、収集するデータの内容とその理由についての透明性を維持していきます。Google は世界の規制当局の指令に対応した取り組みを行っており、Fitbit ユーザーのプライバシーは引き続き保護されます。Fitbit ユーザーの健康管理とウェルネスのデータが Google の広告に使用されることはなく、他の Google の広告データと統合されることもありません。また、Google は Fitbit ユーザーが引き続きサードパーティのサービスに接続することを許可します。つまり、お気に入りの健康管理アプリを、これまでと同様に Fitbit アカウントに接続できます。このことを始めとする Google の取り組みからも、ユーザーを第一に考え、「世界中のすべての人をさらに健康にする」という使命を推進しようとしている Fitbit にとって、Google が理想的なパートナーであることをご理解いただけると思います。

生活と健康の旅を、私たちとともに歩んでいただいていることに感謝申し上げます。

心を込めて。

ジェームズ・パーク

CEO 兼社長・共同創設者

企業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ