【レビュー】人気の15インチモバイルモニターを使ってみた感想~在宅勤務・ゲーム専用に1台あれば何かと便利だと思う~

スポンサーリンク

ここ1、2年人気が出てきたアイテムがあります。USB-CケーブルやHDMIケーブルで接続ができて手軽に持ち運びができるモバイルモニター(モバイルディスプレイ)です。13~20インチ弱のサイズで多数のメーカーから発売されています。

私もずっと気になっていたのですが種類が多すぎてどの機種が最適なのか分からず、手を出せずにいました。Amazonブラックフライデーセールで思い切って購入することにしました。

Twitterで色々とアドバイスをいただき、Geoyeaoの「モバイルモニター 15.6 インチ IPS 1920*1080P 液晶パネル USB Type-C/Mini HDMIを購入しました。セール価格は11,760円で最安値になっていました。モバイルモニタージャンルの中でも恐らく底値だったと思います。

日本メーカー製や聞いたことがあるメーカーのものにしようか悩みましたが、使用頻度も分かりませんしまずは最安値のモバイルモニターで品質も確認をしたいという考えもあります。

スポンサーリンク

開封の儀

Amazonから届きました。・・・え?商品のパッケージのまま配達されてきたんですけれど、段ボールとかは?(笑)なかなかワイルドでちょっと驚きました。

「Geoyeao 15.6″ モバイルモニター」。英語表記は「15.6″ Portable Monitor」どっちやねん。同じ事なんだと思うけども。

背面にスペックが書かれています。Model NumberはEVP-301。各種ライセンスが書かれています。

被されていた紙を横にずらして取りました・・・。あれ?宛名シールはその紙に付いてましたけど。配達中によく外れて行方不明にならなかったことです。良かった良かった!

開封!ACアダプターと各種ケーブル、マニュアルが出てきました。

取り出すとこんな感じ。ACアダプターは型番NS-U06、5V/3Aでした。モバイルバッテリーやUSBポートなどからでもモバイルディスプレイに給電ができます。

その他のケーブルはHDMI-miniHDMIケーブル、USB-CtoCケーブル、USB-AtoCケーブル、USB-A(メス)to microUSBと一通りのケーブルが同梱しています。別に準備するとこれだけでも2、3000円はしそうです。

少しアヤシイ日本語ですが日本語対応したマニュアルも同梱しています。

本体を見ていきましょう。ケースと一体型です。

背面。メスネジで取り付けられています。

正面側。何もなくシンプルで飽きが来ないですね。

ディスプレイの背面はこんな材質です。高級感はありませんか安っぽくもありません。

エッジ部分もきちんと処理されているし、価格相応にきちんと作られている印象です。両サイドにスピーカー穴があります。

反対側のスピーカー部。

各種端子。イヤホンジャック、各種端子があります。

Mini HDMI–HDMI接続端子(ケーブル付属・入力/出力)、Type C–Type C接続端子(ケーブル付属・入力/出力)、Type C充電端子(ACアダプターとType C–USBケーブルが付属、コンセント或いはパワー・バンクで給電)、 Micro USB端子、イヤホンジャックと充実しています。

ディスプレイを開けてみましょう。

ケースの内側には三段階のくぼみがありディスプレイをひっかけて立てることでかくと調整します。ノングレアなはずですが結構反射します。私は許容範囲でしたが注意が必要です。

画面左下に操作ボタンがあります。これが使いづらかったです。直感的に使えません。説明書を見れば分かりますが、-ボタン長押しで前のボタンに戻る。という操作が直感的じゃないですよね~。

ディスプレイの前面ベゼルも狭めです。Amazonの写真では加工され狭く見せている商品も多い中、この商品は見た目はほぼ同じです。信頼できるメーカーと考えて良さそう。

表面の保護シートを剥がしました。

以上、開封の儀でした。

Geoyeao 15.6 モバイルモニターを使ってみた

真横から。下側は占有するため机の上で利用する場合、ある程度の作業スペース・面積は必要です。

Galaxy Note 10+のDeXをUSB-Cで接続してみました。特に設定することなく利用できました。入力信号から解像度を自動判別するようです。

画面は結構反射します。音量は1から10で設定できますが10でも音はそれほど大きくなりません。(小さいわけではありません。)音質は中の下くらいでしょうか。あまり期待しない他がいいと思います。

音楽を愉しみたい方は別途、イヤホンなどを準備した方がいいでしょう。

発色と横から見た場合の色あせについてですが、発色は普通です。IPSディスプレイですが美しいという程ではあく、まぁキレイ。という程度です。ゲームの動きに残像が目立ったりすることはありません。(速い!という実感もありませんが。)視野角は178度ということですが少し斜めから見ても特に問題はなさそうです。

映像、音声など総合的な評価は、「ビジネスでPCのサブディスプレイで使うには充分問題ない。」、「プライベートでゲームをする場合も致命的な部分は見つからないが、秀逸な点、特筆することは特にない。」です。

この性能で11,760円なら満足です。合格点です。

ただ、15,000円を超えてくるとなると要望が出てきます。本体をもう少し薄くしたりディスプレイの操作を改善して欲しいと思ったりします。

さいごに

初めて買った15インチのサブモニターとしては合格点でした。不満点もいくつかありますが価格見合いで満足しています。今から買う方は15,000円以上と思うのでこの機種を基準に他の他社製品も検討することをおすすめします。

前から気になっていたので買って良かったと思います。使わない時は畳んで閉まっておけるのも便利ですね。長く使えそうです。気になる方はチェックしてくださいね。

 

 

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ