【さよなら】約15年使ったSoftBankからY!mobileに乗り換えた

スポンサーリンク

約15年間、ソフトバンク回線を使ってきましたが、サブブランドのY!mobileに乗り換えをしました。今回は乗り換えに至った理由とY!mobileに決定した理由、そして開通までの感想をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

長年、ガラケーを使ってきた回線、約1年前にスマホに乗り換え

この回線は妻が利用していた回線でずーーーーっと3G回線、ガラケーを使っていました。ソフトバンクが参入当初、暴れん坊だった時代に出したシンプルなプラン、ホワイトプランだったので、ソフトバンク回線へかけ放題(1時~21時)で月額980円+300円(ネット接続)=1280円という劇的に安価でした。

スマホデビュープランというものがあり、月額980円で5分間の通話無料が付いていたためPixel 3aを安価に購入できることもあり2020年1月に乗り換えました。しかし通信量1GBは少なかったため家族で契約をしているIIJmioのSIMを400円で契約して実質1380円でDSDSのスマホで利用していました。

この時点でSoftBankキャリアメールは受信不可となります。主要な家族・友人・会社などにはGmailアドレスを連絡し切替えを進めました。キャリアメールは受信は不可となりますがSMSで受信通知だけあり誰から連絡があったか?は分かるので、連絡があった場合、次からはGmailに送るように連絡をしました。

このスマホデビュープランは1年間限定なので2021年1月に月額1980円に値段がUPします。約1年間の移行期間を経てキャリアメールに連絡はほぼ来なくなりました。これを受け本格的に乗り換えを検討する事にしました。

乗り換えの決め手は話し放題の延長とYahooプレミアム付き

現在2021/1~候補(1)IIJmio候補(2)Y!mobile
ソフトバンク回線980円1,980円
IIJmio回線400円400円1,930円
Y!mobile回線2,680円(7ヶ月間1,980円)
通信量家族共有12GB家族共有12GB家族共有12GB3GB(1年間4GB)
話し放題5分5分10分10分
Yahoo!プレミアムあり(462円相当)あり(462円相当)なしあり(462円相当)
Y!プレミアム勘案した実質価格918円1,918円1,930円2,218円(7ヶ月間1,518円)

現在の維持費は1,380円ですが、SoftBankユーザーはYahoo!プレミアムを無料で理由できる特典があります。これを鑑みると実質918円と言えます。これが2021年1月に1,000円アップとなるため、今回乗り換えを検討しました。

検討をするベースは1,918円となります。妻は仕事で電話をすることがあるのですが5分はさすがに短いらしく10分は欲しいとのこと。

まずはIIJmioから。IIJmioは話し放題のオプションが3分(600円)と10分(830円)があり10分をチョイス。ファミリープランのSIM追加400円と、通補SIM700円、話し放題10分の830円。合計1,930円と結構いいお値段となります。当然、Yahoo!プレミアムは付随しません。

そして検討したのがY!mobile。プランSは10分話し放題と3GBの容量で、2,680円。1年間は4GBにUP、7ヶ月間は700円お値段お得となっています。Y!mobileもYahoo!プレミアムが付随するので、8ヶ月目以降でも実質2,218円IIJmioより200円弱の価格UPで快適な通信品質を手に入れられると考えると、答えはY!mobile。となりました。7ヶ月間は700円安いですしね。

今後、各社の料金値下げ競争が激化することが予想されます。7ヶ月後に最適なプランがあれば乗り換えを検討したいと思います。

※SoftBank回線オンリーでは月額1,980円と安価ですが、通信容量が1GB、通話無料5分のため検討対象外となります。

SoftBankのMNP番号発行とY!mobileの手続はオンラインで行った

まずはソフトバンク回線でMNP番号の払出をします。

MNP番号の払出は電話でもできますがMy SoftBankでも可能なのでオンラインですることにしました。コロナの影響で電話は繋がりにくいですし引き留め工作がうっとうしく思えたので。

MNP予約番号はどこで取得できますか?(ソフトバンク → 他社)[携帯電話番号ポータビリティ(MNP)] | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク
ソフトバンクのサポートのページです。 製品・サービスに関するサポート情報や通信障害、メンテナンス情報などをご紹介します。

オンラインで手続を進めると確認・引き留めの画面が5回以上表示されましたが、それを乗り越えてようやく番号が発番されました。オンラインでも20,000円分のスマホ乗り換えポイントがもらえると提案がありました。いや、こういうコストが無駄なんですよね。

続いてY!mobleでの手続き。こちらもオンラインで手続を進めます。今回はスマホ端末は必要なかったためSIMのみ手配しました。電話番号を入力するとソフトバンク利用者と判明しソフトバンクからの情報引継ぎができました。MNP番号が不要で、氏名・住所などの基本情報の入力や本人確認書類も不要。支払い方法も引継がれました。これはとても便利です。

しかしMNP転出料3,000円は掛かってしまうようです。今は仕方無いです。Y!mobileはオンラインで手続すると事務手数料などが無料になるのでこれはありがたいですね。

最速!申込み翌日にSIMが届いた!

Y!mobileに申し込んだ翌日にSIMカードが到着しました。仕事速すぎです。Y!mobileは完全100%ソフトバンクになっていたんですね。知りませんでした。

内容物はシンプルです。SIMカードと納品書、簡単な説明書となっています。

はじめにお読みくださいを読んでみましたが一般の方には難しいと感じました。一度やってみると簡単なんですが、何を言っているかが分からない・・・というのが現実だと思います。

Y!mobleのSIMカードです。SoftBankよりも縛りが緩いのでいいですね。SoftBankは自由っぽく見えますが一番ガチガチだったりします。

nanoSIM、USIMカード YM n101です。

切替え窓口に電話することで切替えができます。届いた当日は午後7時を超えていたため、翌日に開通作業をすることにしました。

スマートフォンの設定の項目は「本体の初期化を行ってください。」と書いてあります。(右上)これは乱暴な説明ですよね・・・。恐らく前の設定などが残っていると切り分けが難しくなるからだと思いますが、SIMの入替えだけで何で初期化が必要なのでしょう?

スマホにSIMを設定し、切替え窓口に電話

翌日にワイモバイルカスタマーセンター切替え窓口に電話し、ガイダンスに沿ってボタン入力し電話を切って待ちます。約10分程度でY!mobile回線が有効化されSoftBank回線が無効化されました。

AndroidなのでスマホでY!mobileのAPN設定をして通信・通話を確認しました。ソフトバンクは自動解約となります。

通信品質は下り・上りとも20~30Mbps出ていて快適です。ソフトバンクとほとんど差を感じません。(と、いうかIIJmioを使っていたのでかなり快適です。)

さいごに

約15年間使ってきたSoftBank回線とおらさばしました。キャリアメールの@softbank.ne.jpが使えなくなった事以外の弊害は感じません。また、ymobile.ne.jpやyahoo.ne.jpが使えますが、今後のMNPの可能性があるため利用しない予定です。

妻の回線はしばらく様子をみたいと思います。しかしY!mobileの移行は想像以上に簡単でした。ぜひ多くの方に(特にソフトバンク回線の方!)検討して欲しいと思います。

モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ