Qualcomm Snapdragon 888 5Gを発表、OPPO 2021Q1に新商品投入へ

スポンサーリンク

クアルコムは12月1日(現地時間)、新製品説明会「Tech Summit Digital 2020で次世代ハイエンドモバイルプラットフォーム、Qualcomm Snapdragon 888 5Gを発表しました。

Qualcomm Snapdragon 888は、5nmプロセスで製造され、QualcommのSnapdragon X60 5Gモデムおよび、無線周波数システムと統合、AIエンジンは第6世代のHexagonとなり、26TOPSの処理速度を可能に。第2世代Sensing Hubと合わせAI処理を常時低電力で行なえます。

GPUは最強のアップデートされ最大144FPSを実現。OSとは独立しGPUドライバだけを更新できるElite Gamingをサポートします。イメージ処理を行うSpectra ISPも刷新され、毎秒2.7ギガピクセルを処理できます。従来から35%高速化しています。数値的には順当進化ですね。

次のモデルは885かと予想していましたが888とぞろ目に。来年には89Xとなり再来年は桁がどうなるのか?余計なお世話ですが気になってしまうのは私だけでしょうか?

Qualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platform | Latest 5G Snapdragon Processor | Qualcomm
The Snapdragon 888 5G Mobile Platform provides breakthrough experiences across 5G, camera, AI and gaming for premium smartphones.

なお、OPPOは12月2日に次世代の「OPPO Find X」シリーズを2021年の第1四半期にリリースすると発表するなど早速、どんな新商品に投入されるか楽しみですね。

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ