【神プラン?】NTTドコモがついに動いた?余計な付帯条項無しの月額2,980円のシンプルな新料金プラン「ahamo(アハモ)」発表

スポンサーリンク

NTTドコモは12月3日、新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。ahamoは月額2,980円(税別)のポッキリ価格で分かりやすいサービス内容、申込みはネットのみと割り切った内容になっています。

12月3日より先行申込み受付を開始し、2021年3月1日サービス開始予定です。

  • 月額料金 2,980円(税別)※別途ユニバーサルサービス料
  • 月間利用可能データ通信量 20GB
  • 利用可能データ容量超過後速度 送受信時最大1Mbps
  • 音声通話 1回あたり5分以内の国内通話無料、SMS 1通3円、0570など一部有料あり、5分をこえる国内通話は20円/30秒
  • ネットワーク ドコモの4G/5Gネットワーク

各種オプションは以下。

  • 利用可能データ容量の追加 1GBあたり500円(税別)
  • かけ放題オプション 月額1,000円(税別)で国内通話無料

その他は以下。

  • 無料:事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料
  • 20GBの月間データ量で海外82の国々・地域で追加料金なく利用可能
  • 二年定期契約や違約金の設定はなし
  • 1,000円の利用につき、dポイント10ポイントたまる
  • キャリアメールの提供はなし
  • 支払い方法は口座振替またはクレジットカード払いのみ
  • 契約は20歳以上に限る、親権者の契約をすれば20歳未満の方の利用登録は可能
  • ahamoでの動作確認ができた端末はWEBサイトで順次公開
  • ドコモ利用ユーザーはMNP手続無しにプラン変更で簡易に手続可能、ただし5月まではMNP手続が必要(手数料や解約金の負担無し)

受付拠点は以下。

  • オンライン受付のみ。新規契約、契約後の手続、相談はすべてahamo WEBサイトや専用アプリを利用。

プランを眺めてみると、オンライン受付のみで割り切ることで20GB 2980円、5分の通話無料、違約金・手数料一切なし。とシンプルのポッキリ価格を実現したな!!という印象です。

スポンサーリンク

頑なに「サブブランド」とは言わないドコモ

一部報道ではサブブランドを作るとありましたが発表内容はサブブランドではなく新料金プランでした。専用サイトが同時に公開されましたが、アドレスは、「https://www.ahamobile.jp/」。

https://www.ahamobile.jp/・・・。いや完全にサブブランドですやん!!サブブランド構築を前提に動いていたのを土壇場で変更したことが見て取れますね。5月までドコモユーザーであっても他社からの意向と同様のMNP手続が必要なのも、そんな事情が見え隠れします・・・。

ahamo(アハモ)に死角は無いのか?

ネットの反応も好意的なものが多く、概ね高評価のようです。でも、本当にahamoに死角は無いのでしょうか?現時点で公開されている情報で不明点を含め不安点は以下のものがあると思います。

  • 他プランと同様の回線品質なのか?
  • 機種手続は変更はどうするのか?
  • ショップの販売手数料の減少はどのようにカバーするのか?
  • 家族割りなど複数回線契約によるメリットがない

移行するにあたり最も気になるのが回線品質です。ドコモ品質は高い信頼がありますがMVNOの回線品質は粗悪なのは周知の事実です。安かろう悪かろうですね。ahamoはドコモ回線のいち料金プランの位置づけなのか?サブブランド・・・ではないですね、回線品質を区別することで安価なプランを実現したものなのか?現状は分かりかねます。

今後、メインの料金プラン自体の価格改定も予定しているとの事なので回線品質に差は付けないのでは?と私は予想しています。

現時点では機種変更のスマホ提供はありません。ここで気になるコメントが「ahamoでの動作確認ができた端末はWEBサイトで順次公開」という表現です。docomoの端末は100%保証して+αでSIMフリー端末など他社販売端末が追加される、ということなんですよね??

オンライン専用のahamoは既存のショップの収入源の要因になるのでは?とも思います。自分で分かる人はahamo、ショップ店員さんのサポートが必要な方はショップへ。今後より一層、そんな切り分けになりそうです。

最後にシンプル一択なので家族割引など複数回線契約によるメリットがありません。これは500円とまでは言わないまでも100円でも引いてくれると嬉しいな・・・、とは思いますね。

楽天モバイルさん・・・

さいごに楽天モバイルについて少し触れておこうと思います。

2020年3月3日にMNOとしてプランを発表し4月8日よりサービス開始しました。通信容量・通話無制限というアドバンテージはあるものの通信品質はドコモと比較すると圧倒的な差があります。

1年間利用料無料のキャンペーンをしていますが、最速契約組は3月より順次契約継続・乗り換えの検討の対象になりますが、まさにahamoへ乗り換えが対象となるでしょう。楽天モバイルからの乗り換え組・・・かなり増えそうですね・・・。

ahamoからのMNP転出、楽天モバイルの事務手数料ともに無料なので今後、回線品質・料金によって気軽に乗り換えられるのは便利。利用者にとってはようやく分かりやすい料金プランで選択肢が増えるいい時代になりそうです。一方でキャリアに取っては品質の向上とそれに見合った価格設定が必要になってきますね。

モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ