【人柱レポ】喪中はがきの印刷をネットで注文してみた

スポンサーリンク

今年は喪中なので喪中はがきの準備をすることに。これまで年賀状を含め喪中はがきも自宅のプリンタで印刷をしていましたが、初めてネット印刷サービスを利用してみました。

今回利用したのは、ふみいろ(喪中はがきバージョン)というサービスです。複数のサイトを比較しましたが、価格設定もリーズナブルで実績や評判も良さそうなので決定しました。

ふみいろ喪中はがき : 安心サポート満足度第1位の喪中はがき印刷
【当日出荷・全国送料無料】ネット通販最大級の喪中はがき専門店。昨年度「安心サポート満足度」「価格満足度」「デザイナーがおすすめする喪中はがき」3部門で第1位。かんたん操作で無料再印刷保証付きだから初めてでも安心!無料宛名印刷・はがき買取対応。
スポンサーリンク

早期に注文すれば安く宛名印字もしてくれるし投函もしてくれる

喪中はがきはモノクロのバージョンがあるため安価です。また早期に注文すれば割引率も高いです。

私が注文したタイプは50枚で5000円でした。ハガキの切手代金63円が含まれるのでかなりリーズナブルなことが分かると思います。

さらに嬉しいのは、住所と名前をアップロードすれば宛名印刷をしてくれるし、さらにはポストに投函まで無料で対応してくれます。

今回は宛名印刷まで依頼しいましたが時間がない時は投函までしてもらえるのはありがたいシーンもあるでしょう。

ポストに投函してもらうときの注意点は、ふみいろの所在地が北海道なので消印が北海道になるという点。気にしない方は気にしないと思いますが、業者に依頼したことが分かってしまうので留意したい点です。

年賀状は年内に投函すれば消印はまず押されませんが、喪中はがきは押されるので注意ですね。

これからも注文したいと思った

届いた印刷の仕上がりは上々、文句なしです。さすがプロの技です。宛名印字はシンプルで問題はありませんが筆まめなどの市販ソフトの方がフォントは迫力があると感じました。

裏面、表面の印刷の手間隙を考えると・・・。

時間的にも仕上がりにもふみいろに依頼した方が得策だと感じました。来年以降も年賀状印刷を注文したいと感じました。そもそも年々印刷する枚数が減っているし、基本料無料、送料無料、というのが大きいですね。

これから年賀状印刷や喪中はがき印刷を予定されている方はぜひ参考にしてくださいね。

Webサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ