【レビュー】iPad 第8世代を買っちゃった!ひとり1枚の時代がやってきたと本気で感じた

スポンサーリンク

iPad第8世代が登場して気になっていたのですがなかなか購入に踏み切れずにいました。理由はいくつかありましたが、大きなものは次の2つ。

  • スマホのメインがiPhoneではない
  • タブレットを既に複数持っている

ひとつめは私のスマホはAndroidで機種はGalaxy Note 10+です。iPhone 6sを最後にそれ以降、Androidに引っ越してしまった私。2016年以降、メインはAndroid機なのです。iPadに至っては、2013年に購入したiPad mini Retinaモデル以降自分のiPadは買ったことはありません。

我が家のスマホ・タブレットの構成は、家族全員がスマホを持っていて、私を除く家族全員がiPadを持っています。その理由は、スマホとタブレットの併用は必要ないと考えていたから。タブレットでやることはパソコンでやる。そう考えていました。

この考えのもと、お絵描きやメモ書きができる、画面の大きなGalaxy Note 10+を愛用しており何の不満もありません。手帳が変わりに手書きメモもできますし、ちょっとしたお絵描きもできる。動画鑑賞も快適です。

一方で家族が使うiPadを見て思うところもありました。

寝転びながら大きな画面でネット検索をできるのはいいな。Kindleで雑誌を見られるのはいいな。という点です。

これを実現するために、Fire HD 10を購入しました。7月に購入しましたがコンテンツ消費マシンと割り切ればコスパが高い!と書きましたが、他の機器でもできるわけで、Fire HD 10である理由もなく、結局、使わずじまい。今は電源がOFFのままお眠りになっています。

この理由は何か??薄々感じています。

  • 画面比率が16:9は書籍に向いていない
  • 動きがモッサリしている
  • 使っていてワクワクしない

はい。買う前から分かっていたことばかりです。コンテンツ消費機器として割り切れば問題ないと結論づけたのですが私に取っては使い道がなかったというだけです。

この結果を踏まえ、私が欲するタブレット像とはどういうものか?を再考しました。

  • 10インチ以上の4:3の画面で雑誌を読みたい
  • サクッと動くタブレットが欲しい
  • お絵描きも楽しみたい
  • 使っていて楽しいマシンを使いたい

そうです。これを実現するのはiPadしかありません。第7世代が発表された時も気になってはいましたが、今回は買って見ることにしました。

前置きが長くなってしまいましたが、こんな経緯があってiPad第8世代を購入しました!!買った後に後悔したくないので、容量は32GBではなく128GBを、十分楽しむためにApple Pencilも購入しました。

近所のジョーシンで買っちゃいましたよ〜!!

スポンサーリンク

開封の儀

それでは、張り切っていきましょう!!

まずはiPadから開封しましょう。商品パッケージが画面正面ではなく横からの写真って!最薄ではないのに何故に横なんでしょう?

iPad 第8世代、128GB、シルバー、Wi-Fiタイプにしました。セルラーモデルと最後まで悩みましたが、15,000円の価格差は大きすぎると感じました。既にカーナビで利用しているMi Note 9sなどを接続するためにGalaxy Note 10+をドライブ中はテザリングをオンにする運用が定着していることも理由でした。

開封です。今回はACアダプターはUSB-Cなんですね。それなのにiPad側はLightning。これは他でも散々に指摘されているのでここではサラッと触れる程度にしておきます。

iPad君です。私以外では嫁がiPad Air 2、母がiPad mini Retina、娘がiPad Pro 10.5、息子がiPad 第6世代を利用しています。本当に久しぶりに私専用のiPadです。これからよろしくね!!

これが噂のLightning端子。最近はもっぱらUSB-Cの機器を使っていたので久しぶりにLightning端子を見ると細くて頼りなく感じます。充電端子がすぐに傷みそう・・・。丁寧に扱わなきゃ。

このペリペリを剥がす瞬間が幸せなのよね〜。

全く代わり映えのないデザインのiPadですがやっぱり新品はワクワクしますね。

続いて、Apple Pencilを見ていきましょう。

自社のロゴで「アップル」と読ませてしまうんだから良く考えたらすごい。

開封〜。

これがみんな大好きApple Pencil 第一世代。

替え芯と充電コネクタが付いています。ACアダプターはありません。

Apple Pencilはこのペン先が秀逸なんですよね。書き味抜群。

このキャップを外すと・・・。

Lightning端子が出てきます。これをiPadにブチっと突き刺すとペアリングされますし、充電もされます。実はこれ良く考えられているな、と個人的には思います。充電中はカッコ悪いですけどね!

続いて保護フィルムも付けましょう。いつもはAmazonで海外製を買っていますが、今回はジョーシンでエレコム製を購入しました。ノングレアを買ったつもりでしたが、よく見るとただ反射防止と書いているだけでノングレアではありませんでした。テヘヘ。

反対はこんな感じ。

最近はもっぱら、ガラス保護フィルムを買っていましたが久しぶりにシートタイプです。無印iPadは古らみネーションディスプレイではないので、ディスプレイにペンをなぞらせると若干隙間ができるので薄い保護シートの方がいいと判断しました。

iPadから離れていたので知らなかったのですが、書きやすさを追求するならばペーパーライクのものがいいようですね。またの機会に試したいともいます。

保護シートをうまく貼れました。なかなかうまいな〜と自画自賛。

電源を入れます!

まっさらのiPadくん。以上開封の儀でした!

iPad 第8世代 ファーストインプレッション

約7年ぶりに自分専用のiPadを手に入れて若干テンション高めの私。Apple Pencilも購入をして使ってみたファーストインプレッションをご紹介。

家族のiPadをたまに使わせてもらってましたが、まさかの操作方法に悩みました。以前のアップルの説明書いらずの精神はどこに行ったの?と思うほど複雑化していますね。いったん慣れると快適になるんですが、知らない機能があれば損をしているということになりますね。

速度に関しては文句なしです。ブラウジングやTwitterなどの軽いアプリは何のストレスがないのはもちろん、お絵描きアプリでも私が描く絵のレベルではサクサクで快適です。一つずつのUIのアニメーションがAppleらしくてAndroidのそれとは違うんですよね。

それって小さいことなんですが積み重なると大きな体験の違いとなり満足度の違いとなるのです。スペックに現れないこの部分が最も重要であってiPadが絶大な人気と支持を得ている所以なのでしょう。

iPad 第8世代のここがGood!

  • A12 Bionic 搭載でサクサク快適
  • Apple Pencil が使えてできることが広がった
  • iPad のアプリの品質が高く使っていて楽しい
  • フルラミネーションディスプレイ・反射防止コーティング・True Toneディスプレイ・ProMotionテクノロジーが非搭載だが単体なら気にならないレベル
  • 128GB、44,800円はコスパが高い

iPadを使うために何の不満も無い機器に仕上がっています。間違い無く買って損はありません。iPad単体で使うならば動作は快適ですしディスプレイも特に不満はありません。

iPad 第8世代のここがうーん

  • スピーカーが2つなので横で利用すると片方からしか音が出ない
  • しばらく使うと次はiPad Proが欲しくなりそう

スピーカーが2つなのはiPad Proの4つと差別化でワザと何だと思いますが横置きでもステレオで利用できるようにして欲しいと感じました。最も問題だと感じたのはしばらく使うとiPad Proが欲しくなってきてしまいそうな点です。これがAppleさんの狙いな分けですな!!

さいごに

今回はiPad 第8世代のファースト・インプレッションをご紹介しました。

久しぶりの自分用のiPadなので使っていて楽しくて仕方がありません。これがAppleなんですよね。最近、Androidスマホを使っていたので久しぶりに思い出しました。

iPadのアプリはAndroidタブレットよりも完成度が高いのは言うまでもありません。iPadやiOSにしかないアプリも多く、私はWindowsとAndroidを使っているためデータを連係できるアプリを探して仕事にプライベートに使うために環境整備を進めています。

今後、利用するアプリのご紹介したいと考えていますのでこうご期待!!

iPad 第8世代、買って良かったです!!

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ