WindowsXPが販売終了へ

スポンサーリンク
WindowsXPが6月末を以て販売を終了する事になりそうです。
2007年1月に満を持して発売されたWindowsVistaが予想以上にハードスペックを要求されたため、ローエンド機など低スペックなPCでは快適に動作しないという問題や不満が続発。その結果マイクロソフトは、2008年3月末までWindowsXPの販売を決定。その後6月末まで再延長されていました。
しかし今回は一部の国や機種を除きWindowsXPの販売を6月末で終了する決意は固いようです。
ダウングレードについてもある程度規制が入るようでマイクロソフトの本気度は高そう。

そう言う私は6月上旬にWindowsXPパソコンを購入しました。
とっても快適です。まだSP3は入れていませんが何の不満も無い。
WindowsVistaのパソコンも持っていましたがあまりにも動作が重たかったため(もちろんPCの能力も低かったのですが)、売り飛ばしてしまいました。

そもそもOSのためにハイスペックにしなければいけない、というのは本末転倒。WindowsXPで充分、何も不満がないユーザーを切り捨て重たいWindowsVistaに強制的に移行させるマイクロソフトのやり方に憤慨しますね。ほんと。

OS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ