【TIPS】Nintendo Switch のSDカードのお引っ越しにかかる時間を約25%短縮する方法

スポンサーリンク

Nintendo Switchの本体容量は32GBしかないので、microSDカードは必須です。

我が家のスイッチは128GBのmicroSDカードを使っていましたが、残容量が2GBになってしまいソフトがダウンロードできず、最近遊んでいないゲームを削除したり整理をして空き容量を確保しました。

その結果、空き容量は12GBになりましたが、すぐに容量不足になることが予想されます。今回は思いきって512GBのmicroSDカードを購入、データをお引っ越しすることにしました。

方法は任天堂公式サイトに説明がありますが超簡単、お手軽です。汎用品のmicroSDカードを使っている強みですね!

  1. Swtichの電源を切って【旧】microSDカードを抜く
  2. Switchに【新】microSDカードを挿して電源を入れる
  3. Switchで【新】microSDカードを初期化
  4. Swtichの電源を切って【新】microSDカードを抜く
  5. Windows PCを起動する
  6. 【旧】microSDカードからNintendoフォルダをデスクトップにコピー
  7. デスクトップからNintendoフォルダを【新】microSDカードにコピー
  8. Switchに【新】microSDカードを挿して電源を入れる

これだけです。手順は多く見えますが難しいことはありません。

で、今回はさらに楽ちんな方法を見つけちゃいました。

それは、SDカードスロットを2つ搭載したカードリーダーを使えばいいやん!というお話しです。

これまでもSwitchのmicroSDカードのお引っ越しを何度かやってきましたが、まったく気がつきませんでした。素直に、この手順でやっていましたが、SDカードスロットを2つ搭載したカードリーダーなら、microSD間で直接コピーをすることで、手順6、7をまとめられます。

たった1つの手順短縮だけか。と侮るなかれ。作業時間が25%カットできます。

具体的にはこうです。

  • (手順6と手順7を同時に作業)100GBのコピーに要した時間:2時間20分約12MB/s

この12MB/sという速度はWindowsのコピー中に確認できる転送速度表示とほぼ同じでした。これを元に、手順6と手順7の速度を個別で測定してみました。

  • (手順6)約28MB/s:100GBをコピーするのに要する時間= 約42分
  • (手順7)約12MB/s:100GBをコピーするのに要する時間=2時間20分

USB 3.0のカードリーダーであっても、結局は書込み速度がボトルネックになります。このため、手順6、手順7を同時にした場合でも、手順7単体でも速度は約12MB/sしか出ませんでした。

これにより手順6の時間が丸々短縮させることができることになります。総作業時間は約182分から約140分と約25%短縮ができました。また、ほったらかしにてきるのも楽ちんですよね。

このためにわざわざカードリーダーを買う必要はないと思いますが、SDカードリーダーを2つ持っている方、ノートPC本体にSDカードリーダーが内蔵し、別に外付けSDカードリーダーを持っている方にも有効です。

ぜひ、参考にしてくださいね!!

余談ですが、512GBのmicroSDカード、かなり安くなりましたよね。多くのメーカーで1万円を切っています。網1枚買っておこうかな?

雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ