【なんで?】セブンイレブンアプリ内の決済機能にPayPayを10月以降搭載へ

スポンサーリンク

セブン?イレブン・ジャパンとPayPayは8月11日、セブンイレブンアプリ内の決裁機能として、10月以降、PayPayを搭載することを発表しました。

PayPayのポイントとセブンイレブンアプリ独自のポイント、セブンイレブンマイル(200円で1ポイント)を同時に付与できるとのことです。(バーコードの読み込みが1回で済む)

セブンイレブンアプリの決済機能と言えば、2019年7月にサービスインし、すぐさま不正利用が発覚し、9月に終了した7Payのリベンジです。まったく新しい決済サービスを構築することなく、他社の決済サービスを搭載するのは苦渋の決断だったと思います。

しかし、他社の決済サービスを搭載してまでもセブンイレブンアプリに決済機能を搭載する必要があったのか?少々疑問です。アプリを2つ起動する面倒さがセブンイレブンアプリの利用頻度低下に繋がっているという判断ならば、呼び出し連携機能をつけるなど工夫もできたと思うのですが・・・。

PayPayをセブンイレブンアプリにビルトインすることによって、PayPayを使っていない利用者は逆にセブンイレブンアプリ自体、利用を避ける方向に働かないかと危惧してしまいます。

みなさんはどのように感じましたか?

企業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ