【レビュー】やっと見つけた!ニンテンドー USBワイヤレスを定価以下で買えた!!転売では買わないようにしよう!

スポンサーリンク

Ninten

新コロナウィルス感染予防で巣ごもり需要が増えています。この影響で自宅でカラオケを楽しむ人も増えているようで、Wii U、Nintendo Switchで使えるニンテンドー USB ワイヤレスマイクが人気で品薄になっています。

品薄になると出てくるのが、転売屋です。Amazonを始めメルカリで横行しており、Yahoo!ショッピングでは出店店舗自体が定価以上で販売するところも。転売屋だけでなく普通の店舗も定価以上で販売しているのは悪質ですね。こんなお店は他の商品を含め絶対に買わないようにしています

転売屋や悪質な店で購入するのは極力避け在庫が復活し流通が正常化した後に買うようにしたいものです。私もそれまでは有線タイプのマイクを使うことで数ヶ月間待ちました。

そしてようやくリアル店舗の古本市場で店頭販売されていることを見つけました定価より100円安い、4,880円(税別)でした。ありがとう!古本市場さん!!

「ニンテンドー USB ワイヤレスマイク」は「Wii U ワイヤレスマイク」の後継品で、公式サイトでも「Wii U ワイヤレスマイクと同じ仕様」と明言されています。Wii U ワイヤレスマイクも持っているので比較もしたいと思います。

「Wii U ワイヤレスマイク」を買っちゃった!マイクは無線が最強な件
Wii Uでカラオケを楽しみたい!という事で、先日、Wii U マイクを買ったところですが、12月12日に発売になった、「Wii U ワイヤレスマイク」(約4,000円)が気になって気になって仕方ありませんでした。カラオケボックスでは無線...

スポンサーリンク

ニンテンドー USB ワイヤレスマイク 開封の儀

パッケージです。「Wii U ワイヤレスマイク」は青色のパッケージでしたが、Switch のカラーリングに合わせた白ベースに赤となりました。

側面に「安全に使用するために」が書かれています。珍しいですね。

背面に使い方と対応機種、セット内容、仕様、保証書が書かれています。

Nintendo Switch(TVモード)、Wii Uで利用できます。レシーバーがUSB接続なのでSwitch Liteでは利用できませんし、Wii も利用できません。

箱に保証書が付いているタイプは本当に嫌いです。このまま保管しておけと言うのでしょうか?不親切だと思いませんか?

もう一方の側面は「ニンテンドー USB ワイヤレスマイク」とだけ書かれています。これはシンプル。

接続イメージ図、セット内容を核に訓しておきましょう。これを見れば分かりますが、以前あった取扱説明書が省かれているのです。コスト削減でしょうかねぇ?

内容物はこれだけ。マイク本体、レシーバー、単3アルカリ乾電池2本。以上です。

開封しました。

マイクはカラオケボックスにあるような形状で5,000円の割には品質が高いと思います。Powerボタンを押下するとボタンの上のLEDが店頭します。青ならバッテリー残量があり赤になると電池交換をしましょう。

Nintendoのロゴがかわいいですね。

底側より見てみました。ワイヤレスマイクなので当然、ケーブルがなく、スッキリしています。

コードの取り回しが不要なので家庭用でもワイヤレスマイクが正義だと思います。多少高くつきますが、ずっと使えますし便利なのでワイヤレスマイクがお勧めです。在庫があれば悩まず購入しましょう!

マイク部分をアップ。リングはゴム素材で傷や打痕から守ります。また、リングは円では無く8角形になっているので机の上に置いたときに転がらないよう工夫されています。素晴らしい!

リング部。よく見ると8角形になっているでしょ?

これがマイクレシーバーです。Wii UやNintendo SwitchのドッグのUSB端子に接続します。

マイクの下部を回すと電池ボックスが出てきます。

同梱された単3アルカリ電池を2本、セットすると準備完了です。

「Wii U ワイヤレスマイク」と「ニンテンドー USB ワイヤレスマイク」を比較してみた

ここからは、「Wii U ワイヤレスマイク」と「ニンテンドー USB ワイヤレスマイク」を比較したいと思います。仕様は同じと公式サイトに表記がありますが、マイクの形に違いがあるのでは?など疑問があると思うので細かくチェックしてみましょう。

右が「Wii U ワイヤレスマイク」、左が「ニンテンドー USB ワイヤレスマイク」。

「Wii U ワイヤレスマイク」は使用感がありますが、まったく同じですね。

少ししたから。うん。おんなじです。

斜め上より。同じ。

MIC RECEIVER(マイクレシーバー)を比較。右が「Wii U ワイヤレスマイク」、左が「ニンテンドー USB ワイヤレスマイク」です。表面はまったく同じ。

裏面は 「WIi Uのロゴ有無」に違いはありますがその他はまったく同じです。型番 WUP-020(JPN)など番号もまったく同じです。同じ仕様というよりも同じ商品というのが正解っぽいですね。

下のカバーを外しました。

レシーバーと同様、「Wii U」のロゴの有無はありますが、型番はWUP-019(JPN)など各種番号は同じです。本体に書かれた番号に唯一違いがあり、「ニンテンドー USB ワイヤレスマイク」(上)はP5LN100、「Wii U ワイヤレスマイク」(下)はGNFN100とあります。この意味は分かりませんがロット番号か何かかな??

まとめ

商品番号や技適番号などまったく同じで2本のマイクで歌い比べた感想も同じで差は感じられませんでした。Wii Uは生産終了となっていますが、Nintendo Switchは現役機ですしまだまだマイクは売れるでしょう。

作りすぎると不良在庫になる恐れがあるのは理解できますが、現状は明らかに品不足です。数万単位で増産をして本当に欲しい人が定価で手に入るよう任天堂には努力を続けて欲しいと思います。

以上、今回は「ニンテンドー USB ワイヤレスマイク」を買ってみた!というお話しでした。

↓税込5,478円以下なら迷わず購入!!それ以上なら買ったらダメです!!

ハードウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ