【悲報】ふぐの看板で有名な「づぼらや」が閉店!大阪のシンボルがまたひとつ失われることに

スポンサーリンク

ショッキングなニュースが飛び込んできました。新世界・道頓堀でふぐの看板で有名な、「づぼらや」が閉店することが分りました。

「づぼらや」は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて、4月8日から休業していて、6月15日からの再開を目指していました。しかし、新世界と道頓堀の2店舗を閉店することになったようです。

1920年から100年にわたって親しまれてきた店がなくなることになります。くいだおれ太郎の時と同じく、大阪のシンボルがまたひとつ失われることは悲しいですね。

閉店を決定する前に経営状態が厳しいことを発表し、お店に来てもらう努力や支援などを募ることはできなかったものかと残念でなりません。閉店決定の理由は金銭の事情だけではないのかもしれませんが。

この写真は緊急事態宣言が解除される直前の、5月20日の早朝に新世界で撮影しました。通天閣と串カツとてっちりのこの風景も失われるのでしょうか?

運営会社によると、ふぐの看板の扱いは決まっていない、との事ですが、このまま維持できないか?ぜひ検討してほしいものです。

雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ