【乗り換え】約10年半使った1PasswordからBitwardenに移行したけど拍子抜けするほど簡単だった

スポンサーリンク

日常的にインターネットのサービスを利用するようになった現代は、IDとパスワードの管理が最重要事項です。最近はIDとパスワードの他に、二要素以上の認証をするサイトも増えてきましたが、まだまだ、IDとパスワードだけの認証が主流です。

IDとパスワードを複数のサイトで同じものを利用するのは危険です。絶対に避けなければいけません。なぜならば、IDとパスワードの情報(リスト)は流出しており悪意ある攻撃者の手にあるためです。このリストを元にログインを試みる分けです。昨今の不正ログイン被害、乗っ取りの被害が増えています。

サイトごと、サービスごとにID、パスワードを別のものにするのが理想ですが、IDはメールアドレスの場合もあるので、パスワードは英数字、記号を利用した複雑なものにする必要があります。

ID、パスワードを覚えるのも大変、入力も大変なので、パスワード管理ツールで管理することになります。

有名なツールとしては次のようなものがあります。

  • 1Password
  • LastPass
  • Keeper

私は2009年にiPhoneで1Passwordを使い始め、Android、Mac、Windowsでも愛用し続け既に10年半が経過していました。気がつくと管理するアカウントは数百を超えていました。サブスクリプションに移行している1Passwordですがパッケージ版をそれぞれ購入をしてきました。

適切なパスワード管理を担ってくれた1Passwordに現状は大きな不満はありませんが、パッケージ版なのでパスワードのファイルはDropboxに保管して複数の端末で利用しています。でも、無料版のDropboxを使っているため、接続できる端末数に制限があります。昨今はこのDropboxの制限が律速になってきていました。

スポンサーリンク

さらば 1Password!こんにちは Bitwarden!

サブスクリプションへの移行やDropboxの接続端末の制限などの不満点を抱えていた1Passwordですが、使い続けていた理由は、致命的な不具合もなかったのと、移行が面倒でなおかつ1Password以上のパスワード管理ツールが無かったためです。そう、これまでは。

最近、人気急上昇中のパスワード管理ツール「Bitwarden」をあるキッカケで知って、「これだ!」と直感しました。気がつけば移行手続きをすませていました。

Open Source Password Manager for Individuals and Teams
Bitwarden is a free and open source password manager for individuals, teams, and business organizations.

Bitwardenの優れている点

Bitwardenの優れている点をご紹介します。後発組のため他のサービスを徹底的に研究しているな、と感じました。

  • 無料で利用可能(年10ドルの有料プランもあるが基本的に不要)
  • データ登録数無制限、接続端末無制限
  • ウェブ版、Mac版、Windows版、iPhone版、Android版があり、どこでも使える
  • データはクラウドに保存され句ためデバイス間の同期が(自動/手動)可能
  • ブラウザのプラグインでIDとパスワードの自動入力
  • 2段階認証に対応、紛失時のためリカバリーコード発行可
  • オープンソース、安心感がある、永続性がある
  • 全てのデータは暗号化してクラウドに送られるので、開発者・運営者も見れないらしい
  • 1Password や LasPpass などからインポートが可能

有料版もありますが無料版で問題なし。登録できる数、接続できる端末数に制限はありません。色んなOSで利用できますし、ウェブ版もあります。

オープンソースのためプログラムに不審な点が発見されればすぐに大きな話題になるだろう、と思っています。

データはクラウドに保存されますが、個別で準備する必要はなくデータは暗号化されているため開発者、運営者は中味を見られません。もし運営を信じられない場合は自分でサーバを準備することも可能です。(私はやりませんが)

1Password からの移行は超簡単だった

これまで、他のパスワード管理ツールへ移行を検討した際に、データの移行がネックになっていましたが、Bitwardenはウェブ版にデータインポートツールが提供されています。

インポートツールでは、1PasswordやLasPass、KeePass、その他Avastなど幅広いツールからのインポートをサポートしています。

私の場合、1Password 7 Windowsからの移行で1PasswordかCSV出力をしてインポートしました。

・・・失敗しました。

メモが10,000バイト以上あるとインポートできませんでした。確認すると登録時のメールを覚書で貼り付けて保存していたものがいくつかありました。必要無いのでテキストエディタで削除して、ヘッダと内容のテキストデータをウェブ画面に貼り付けて、少しずつインポートしました。

それでも移行時間は約15分程度。

約10年半で蓄積された数百のデータの移行が無事完了しました。

使用感は1Passwordとほぼ同じ

Bitwardの使用感は1Passwordとほぼ同じで遜色はありません。ブラウザで自動入力は問題なく動作し、1Passwordよりも出しゃばらない点が気に入りました。

アプリ版では起動時に指紋認証をしていますが認識後の起動が遅いように思います。また、パスワードが大きく表示てくれる1Passwordの方が見やすかったです。いずれ改善してくれるのでは、と期待しています。

さいごに

約10年半も愛用してきた1Passwordからたった15分で移行が完了してしまったことに驚きつつも、移行を決定させてくれたBitwardenに感謝です。1Passwordは素晴らしいツールではありますがツールに古さがありますし、サブスクリプションへの移行で分りにくくなりました。

また、私の特有の課題であるDropboxを使う必要がなくなったため、アンインストールしようと思います。私はこの点が一番嬉しいです。ようやくDropboxともお別れができます。

1Passwordさん、Dropboxさん、今まで長い間ありがとうございました!!感謝感謝。Bitwardenさん、これから末永く、よろしくお願いします。

パスワード管理ツールをお探しの方、まずはBitwardenを試されてはいかがでしょうか?気になる方はチェックしてください。

Open Source Password Manager for Individuals and Teams
Bitwarden is a free and open source password manager for individuals, teams, and business organizations.
Webサービス ソフト・アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ