【速報】iPhone SE(第二世代)が発表!iPhone 8との違いまとめ!4月17日午後9時予約開始、24日発売!

スポンサーリンク

巷のうわさ通り、4月16日0時過ぎ、突如、アップルのサイトで新型iPhone SE(第二世代)が発表されました。4月17日(金)午後9時予約開始、24日(金)発売です。

待ちに待ったiPhone SE後継機の登場を待っていた方も多いのではないでしょうか。発表された特徴をチェックしてみましょう!

iPhone SE
iPhone SEは4.7インチのディスプレイを持ったデザインに、A13 Bionic、ポートレートモード、4Kビデオ、Touch ID、Retina HDディスプレイ、長時間駆動するバッテリーを詰め込みました。そのすべてを、44,800円(税別)で。
スポンサーリンク

iPhone 8をCPUとカメラを強化した機種、以上!!

iPhone 8をCPUとカメラを強化した機種となっています。以上です!!

iPhone 8を最後に廃止されたものも多く、iPhone SEではその多くが復活・引継がれました。このサイズ感が気に入っていた方にはこれ一択となるでしょう。ただ、iPhone 5のサイズ感(iPhone SE(第一世代))を求めていた方には、少し残念かもしれませんね。

iPhone 8と 同じ点

  • 本体サイズ・重量
  • 画面サイズ・解像度
  • ホームボタン・指紋認証
  • インカメラ・アウトカメラ解像度
  • ステレオスピーカー
  • イヤホンジャックなし
  • 防水性能
  • Apple Pay対応
  • ワイヤレス充電搭載
  • 充電時間(18Wなら30分で50%に)

スペックを比較するとiPhone 8とiPhone SE(第二世代)は、ほぼほぼ同じです。iPhone 6?iPhone 8のサイズ感が好きな方に取ってはまったく違和感なく使えます。ここまで徹底して守り抜く点は高く評価したいです。

iPhone 6の発売日は2014年9月。5年半もまったく変わらないデザインが通用するというのは凄いことですよね。Appleのデザイン力に感服します。

iPhone 8 より勝る点

  • A11 Bionic→A13 Bionic
  • Neural Engine→Neural Engine(第三世代)
  • ビデオステレオ録音が可能に
  • カメラのエフェクト機能
  • 64GBモデル52,800円(税別)→44,800円(税別)

とにかく、CPUの強化と価格の引き下げ。これに尽きます。最新チップのA13を搭載してきたため、前作のiPhone SE同様、3年は間違い無く使えるでしょう。そう考えるとこの価格は安いと言わざるを得ません。

iPhone 8 より劣る点

  • 3D Touch非搭載
  • バッテリー駆動時間14時間→13時間
  • ホワイトカラーの前面パネルがブラック

自然消滅した3D Touchは影響なし、バッテリー駆動時間はOSの問題か誤差範囲と言えるでしょう。ただ、前面がホワイトを選べなくなってしまったのは大きなマイナスポイントです。アップル=ホワイトカラーなのにここをコストカットしたらダメでしょう、アップルさん!

まとめ

待望のiPhone SE(第二世代)の登場です。前作と同じコンセプトでコンパクトなiPhoneをベースに最新のCPUを搭載したモデルとなっています。最低三年間は使えて価格がリーズナブルな間違い無くお買い得なiPhoneに仕上がっています。最新のベゼルレスのデザインに拘らずコンパクトなサイズが好みという方にお勧めです。

我が家では子どもたちが、iPhone 6s、iPhone 8を使っているので、iPhone 6sの買い換えを検討したいと考えています。明日の午後9時。みんな、乗り遅れるな?!!

モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ