【超便利】マクドナルドモバイルオーダーで注文の列がなくなる!?みんなが喜ぶシステムが誕生した

スポンサーリンク

2019年4月から試験導入されていた、マクドナルドの「モバイルオーダー」がついに2020年1月から全国で順次導入が始まりました。

結論から言ってしまうと、「モバイルオーダーはお店もモバイルを使う人も使わない人もみんなが喜ぶシステム」だと感じました。。試験導入で改善が繰り返されたことがうかがえる導線になっているなぁ。とマクドナルドの新規システムでは珍しく関心しました。

このシステムは、長蛇のレジ待ちが発生しているあらゆる飲食店に応用が可能で、まさに革命が起こる可能性があると思います。

スポンサーリンク

モバイルオーダーの流れ

はじめにモバイルオーダーの流れを確認しておきましょう。

客ははじめにマクドナルドモバイルオーダーアプリをスマホにインストールして会員ログインと決済方法(クレジットカード或いはLINE Pay(現状はiPhoneのみ)を準備します。現金で決済はできません。

マクドナルド モバイルオーダー

マクドナルド モバイルオーダー

日本マクドナルド株式会社無料posted withアプリーチ

モバイルオーダーはマクドナルドの「レジでメニューを注文」を客のスマホが自分で行う。というもの。レジで注文の後は商品の受け取りはこれまで通り同じです。

レジで注文。だけなんですがこれが一番のボトルネックでした。店に取っても客にとっても。

客が自分のスマホで注文して決済まで済ませてしまうことで何が起こるのでしょうか?

  • モバイルオーダーを使う客のメリット
    • メニューをゆっくり選べる(クーポンの利用もできる)
    • クレジットまたはLINE Pay(iPhoneのみ)で決済できて現金いらず
    • トータル待ち時間が削減される
  • モバイルオーダーを使わない客のメリット
    • モバイルオーダーに流れた客分、レジが空く
    • トータル待ち時間が削減される
  • 店のメリット
    • モバイルオーダーに流れた客分、レジの負担がなくなる
    • 従来はレジがボトルネックになっていた注文の上限を突破できる(ボトルネックがレジからキッチンに移る)

モバイルオーダーを利用する客はメニューをゆっくり選ぶことができます。バーダー単品だけでも遠慮無く購入できますし、珍しい組み合わせのセットを選べたりできます。新しい需要の発掘にも繋がる可能性があります。

モバイルオーダーを利用していない客にもメリットがあって、モバイルオーダーに流れた客の分だけレジは空くことになり結果としてレジ待ち時間が短くなります。

店としてはレジがボトルネックになってしまったところキッチンの能力を最大限発揮する事ができます。店としては人件費をかけることなくレジを複数台導入した効果があるわけです。

この仕組みを見ていてワクワクしてきちゃいました!!

実際にマクドナルドモバイルオーダーで注文してみた

モバイルオーダーアプリで注文をします。すでにスマホでオンラインショップの操作に慣れている人には難しくありません。むしろ使いやすす導線でサクサクとメニューを確認して注文画面まで進めるでしょう。

受け取り店舗を指定します。GPS機能を利用して近くの店舗を選択できます。スムースな遷移です。注文をした段階ではまだ確定していません。お店の近くについた時点で確定処理をします。

お店の近くに着いたら商品の作り始めを指示できます。お店で食べるかテイクアウトか選べます。テイクアウトはドライブスルーには対応していないので注意が必要です。

また、休日昼間にドライブスルーが大混雑する店舗がありますが、そんな場合は駐車場にいったん停めてモバイルオーダーで注文をしてできあがりを取りに行く方が早いこともあるでしょう。

支払い方法を選択して決済すると番号が表示されます。2020年1月31日現在、Androidアプリではクレジットカードのみですが、今後、LINE Payなど他の決済手段が増えていくでしょう。モバイルオーダーアプリの改善点としては注文履歴から再注文ができると便利ですね。改善を期待します。

さいごに

今回はマクドナルドのモバイルオーダーが始まったので使ってみたファーストインプレッションをご紹介しました。スマホに慣れた若い世代に支持されると思います。

長蛇の列ができている店舗には特に有効なモバイルオーダー。どんどん活用していこうと思います!!

 

企業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
この記事を書いた人
ひとぅ

新しいものが好きな「ひとぅ」が2007年10月からApple製品や家電製品、ガジェット、ウェブサービスなどの情報を発信中。詳しくは自己紹介ページをご覧ください。
Twitter、Facebookページでブログ更新をお知らせしています。フォローをよろしくお願いします!

ひとぅをフォローする
ひとぅブログ