【人柱レポ】Photoshop CC 12か月版が5,348円だった件、問題なくアクティベーションできました

スポンサーリンク

昨年の大晦日にAmazonで「Adobe Photoshop CC|12か月版|Windows/Mac/iPad対応|パッケージ(カード)コード版」が参考価格26,160円のところ80%OFFの5,348円で販売され、TwitterなどSNSで話題になり、私もブログ記事でご紹介したところ大きな反響がありました。

【即買い】Adobe Photoshop CC 12ヶ月版が80%OFFの5348円!気がついたらポチっていた
この記事でご紹介しているセール価格は、2019年12月31日午後9時頃に終了したようです。私が購入した製品はどうなったか?の続報はこちらの記事でご紹介しています。 2019年12月31日大晦日。最後の最後にAmazonでAdobe P...

この破格値での販売は約12時間程度続いたようです。その後、31日中に価格は変更され、現在は23%OFFの20,247円で販売されています。

スポンサーリンク

Adobe Photoshop CC 12か月版が届いた&問題なくアクティベーションできた

ブログ記事に書いた通り、この価格を見て即買いを決めた私。急いで2つ購入しました。注文が確定せずにキャンセルされるかも?と覚悟をしていましたが、キャンセルされることなく無事、届きました。

Adobe Photoshop CC体験版をインストールすると7日間のお試し期間がスタートし次回課金日が2020年1月10日と表示されました。

「Creative Cloud メンバーシップのコード引き換え」画面にアクセスして、製品利用引き換えコードを入力すると、約1時間後に「次のお支払い予定日は2021年1月10日です。」とアクティベーションが成功しました。

即反映されなかったので少し焦りましたが、少し待つと無事に登録されました。

素朴な疑問:フォトプランと何が違うのだろう?

今回購入したのは「Photoshop CC単体プラン」ですが、Adobeのサイトでは「フォトプラン」というものも販売されています。フォトプランはPhotoshopはもちろん、LightroomとLightroom Classicが使えて月額980円です。

Photoshop CC単体プランは現在のAmazon価格の20,247円だと月額1,688円もします。単体プランの方が何かメリットがあるハズだ。と調べて見たところ、過去にあった差が現在は撤廃されているようで、現在は次の点だけのようです。

  • クラウドストレージがフォトプランは20GB、単体プランは100GB
  • フォトプランは年間契約しかない(一括払い・月々払いは選択できる)

単体プランはクラウドストレージが20GBしか使えませんが、Photoshopだけを使うなら充分な気がします。フォトプランではストレージ容量を1TBのプランも用意されていて月額1,980円になります。容量が単体プランの10倍もありながら定価ベースではさらに安く、Amazon価格でも300円ほどの価格差しかありません。

フォトプランは年間しかできませんが、Amazonで単体プラン12か月版を購入するのであれば同じですもんね・・・。うーん謎です。

モリサワなど高品質なフォントが利用できる、Adobe Fontsを以前は、フォトプランは無料版のみ利用可能だったようですか、現在は撤廃されているのか説明ページではその差は確認できませんでした。

Creative Cloud プラン比較表 | Adobe Creative Cloud
Adobe Creative Cloud プラン比較表

お得に購入できたが更新する時はフォトプランにしようと思う

今回私は、Amazonの大晦日特価(?)で5,348円でPhtoosohop CC単体プランを2つ購入できたので、月額446円で2年間利用できます。ありがたいです~。これまでPhotoshop Elementsは利用したことはありますが、Photoshopを個人で利用するのは初めて。

2年間使ってみてバリバリ使いこなせるようになっていて手放せない状況であれば、単体プランを更新するのではなくフォトプランで更新しようと思います。2年後に「Photoshopだけでは物足りない!」とIllustratorも使ってみるか!という気持ちになっているといいな~。(笑)

万が一、そんな事になっていたらコンプリート版にしようと思います!