【3G終了】ソフトバンクから3Gサービス終了のお知らせという名の下の広告が届いた件

スポンサーリンク

ソフトバンクは2019年12月6日、3Gサービスの終了時期を2024年1月下旬と正式に発表しました。我が家では、嫁の回線が3Gで現在もガラケーを利用しています。会話とメールだけなのでガラケーで必要充分なのです。

ソフトバンク回線は「ホワイトプラン」というプランでソフトバンク同士なら1時~21時まで無料が通話になるサービスです。2018年6月27日で受付を終了しています。

スマートフォンの普及により3Gサービスの重要性が低くなり対応機種も無くなり、終息に向けた店じまいを始めている感が半端ないですね。先日、ソフトバンクからプラン変更の提案の封書が届きました。

「重要なお知らせ」「2024年1月下旬に3Gサービスを終了いたします。」「お客さまがご利用の機種は、通話・メールなどのサービスがご利用いただけなくなります。」とあります。

続いて、「この機会に、新しい機種と料金プランをご検討ください。」とのこと。”この機会に”って使い方おかしくないかい?

どんな提案をしてくれるのかと期待しましたが、従来のスマホデビューのプランのみ。機種代金は別途必要になります。せめて今と同じ料金でサービスを継続できるプランの提案はしてくれないと乗り換える理由が何一つありません。

まだまだ周りにホワイトプランが居る限り切り替えるとデメリットしかありません。2024年まであと4年もあります。慌てて切り替える必要性まったく無さそうです。

今回のソフトバンクの封書はあくまで3Gサービスの終了時期が決定した。ということのお知らせ程度だったのでしょう。まだ、切替えに対するソフトバンクの本気度は感じられません。今回はスマホへの乗り換えを急かせた広告だったと受け止めておこうと思います。

モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ