【レビュー】充電できるTihoo電動鉛筆削り機はお手軽&パワフル

スポンサーリンク

鉛筆削り機は100均でも売っている手に入りやすいアイテムです。ナイフより安全ですが手動より自動、電動の方がいいですよね。さらに充電もできると持ち運びができます。

今回は、お手頃価格な充電できる電動鉛筆削り機Tihoo電動シャープナー (USB充電)(1,862円)をご紹介します。

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージ。Electric Pencil Sharpener。電動鉛筆削り機、ですね。メーカーはTihoo。聞いたことが無いメーカーです。

充電タイプなのが便利です。容量は2000mAhと書かれています。意外と多いですかね?

開封しましょう。マニュアルとmicroUSBケーブルが入っていて、その下に本体。

内容物はこれだけのシンプルな構成。ACアダプターはありません。

マニュアルは日本語対応しています。

鉛筆削り機の本体はコンパクト。片手で持ち上げられる大きさ。

背面にmicroUSBの端子があります。

上面に鉛筆を刺す穴があります。

底面。滑り止めのゴムが4箇所にあります。真ん中は電池ボックスではなく充電電池が入っています。

削りカスを捨てるのは丈夫の黒いフタを取るだけの簡単操作。シンプルなのでゴミを捨てるのも簡単。

きれいに掃除をしたい場合はクリアなゴミ受けを取り外せます。

安全ガイドを取り外すとバイトが現れます。中央のバイトが回転して鉛筆を削ります。

これがバイト。油の匂いがして旋盤機械のような匂い。何かカッコいいです。

このように分解できますが普段分解をする必要はありません。ただ削ってゴミが溜まれば捨てるだけ。たまに充電をすればOKです。

Tihoo電動シャープナーを使ってみた

実際に鉛筆を削ってみました。約2~3秒で削れます。かなりの速度です。

削りすぎ防止機能が搭載されているので、ある程度尖るとそれ以上削れないような安全装置が働きます。でも結構削る感じなのでその辺は自分でうまく調整しましょう。

Tihoo電動シャープナーのここがGood!

  • 価格が安い
  • コンパクトでデザインがよい
  • 電動で削るのが楽で速度が速い
  • バッテリー内蔵で持ち運びが楽
  • 削りカスを捨てるのが楽ちん

電動ですがコンパクトで場所を取らないデザインがいいですね。価格も1,000円台なので気軽に購入できます。バッテリー内蔵なので充電しておけば場所を選ばず利用できます。

Tihoo電動シャープナーのここがうーん

  • ACアダプターが同梱していない
  • 削りすぎてしまう時がある

なぜかmicroUSB充電対応の機器は、ACアダプターが付属しない商品が多いです。百歩譲ってイヤホンやモバイルバッテリーなどIT関連機器であれば、パソコンのUSBポートやスマホのACアダプターなど持っている可能性が高いですが、鉛筆削り機は文房具です。電動シャープナーの場合は、ACアダプターは同梱が必要だと思います。

さいごに

100均で気軽に購入できる鉛筆削り機ですが、やはり手動ではなく電動は楽ちんです。価格も手頃でデザインも価格の割にいいと思います。場所も取らないですしお勧めです。

気になる方はチェックしてみてください。(セールをよく開催しているので1,000円台の時に購入することをお勧めします。)

雑貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひとぅをフォローする
関係するかもしれない記事
ひとぅブログ